【国内試乗】ベントレー・フライングスパー ミュルザンヌを上回る快適性/ダイナミクス

2020.03.31

サマリー

新型ベントレー・フライングスパーに渡辺敏史が試乗しました。これまでのフライングスパーの歩みを振り返るとともに、新型の変更点を詳しくお伝えします。試乗インプレッションも。「工業ではなく工芸」です。

もくじ

ミュルザンヌに代わりフラッグシップに
フライングスパー、最新モデルに至るまで
もの作りのベクトル、工業ではなく工芸
従来と大きく異なるのは日常的な速度域
ベントレー・フライングスパーのスペック

ミュルザンヌに代わりフラッグシップに

text:Toshifumi Watanabe(渡辺敏史)
photo:Sho Tamura(田村 翔)

2010年の発売以来、10年にわたってベントレーのフラッグシップサルーンの座を守り続けてきたミュルザンヌが、この春、いよいよその役目を終える。

その端緒は60年前に遡るV8ユニットを筆頭に、それは彼らの伝統にタイヤがくっついたかの如き希少な逸品ではあるものの、環境性能を筆頭とした今日的な法規の適合が難しくなっていたという事情が大きいのだろう。

ベントレー・フライングスパー
ベントレー・フライングスパー    田村 翔

ともあれ残念な話だ。

そのベントレーの公式リリースをしみじみと眺めると、そのミュルザンヌに代わりフラッグシップに立つモデルとして、フライングスパーの名が挙がっている。

もともとミュルザンヌはハイエンドサルーンの中でも孤高の存在感を放っていたこともあり、その任を受け継ぐこのモデルの責務は尚更に重くなった。

VWの傘下に入ってからのベントレーは、自らの紡いできた歴史との折衷を模索しながら、グループが保有するテクノロジーでまったく新しいモデルレンジを築き上げた。

それが03年に登場したコンチネンタルGTだ。

第二次大戦後、パーソナル・モータリゼーションの開花と共に、海の向こうの大陸旅行への夢をしのばせるモデルとして富裕層にアピールしたのが、その名も「コンチネンタル」だ。

オリジナルのコンチネンタルはサルーンのRタイプをベースに2ドア化しているが、21世紀のコンチネンタルは時系列的には2ドアのGTをベースに室内空間を拡張して4ドアを構築、コンチネンタル・フライングスパーとして05年にデビューした。

 
最新試乗記

人気記事