ギャラリー

2012.12.26

濱上晴市

濱上晴市(SEIICHI HAMAGAMI)。1942年大阪府堺市生まれ、東京在住。小学生の頃より雑誌の図面から模型を作る工作少年だった。1964年に乃村工藝社に入社し、デザイナーとして従事。その後、子会社 のデザイン部部長、取締役を経て定年退職。自動車模型の制作を趣味とし、30年程前よりスクラッチモデルに辿り着く。製作のために実車の取材(細部の写真を300〜600枚撮影)、採寸、作図する。制作途中にも再取材し、メカニックから各部の解説を頂き、作品の批評を受けながら、2000〜3000個のパーツ構成で約1年かけて完成。ボンネットのルーバー表現のためにオリジナルの工作機械が必要で、「直線ルーバー切り機」を製作するほど。取材を通じて出会いがあり、年令を越えたおつき合いが始まり、人生の活力が生まれ、現在も模型作りを楽しんでいる。