海外ニュース

2019.03.14

フォルクスワーゲン 260万円級のEV、投入へ 「EV版国民車」

編集部より

VWグループは、260万円クラスの「EV版国民車」を今後リリースします。エントリーレベルの低価格EV市場で存在感を発揮する狙いがあるとみられます。

低価格EVでも独占なるか

フォルクスワーゲンは、MEBプラットフォームを用いたエントリーレベルのEVファミリーの詳細なプランを発表した。これらのモデルは、2025年の終わりまでに投入されるという計画だ。

このEVファミリーは、今年中の公開が予定されているI.D.シリーズのハッチバックモデルやI.D. Buzzといった製品化が確定しているモデルに加え、アウディやポルシェ、シュコダなどのグループ内の別ブランドからの登場も予定されている。

フォルクスワーゲンが打ち出す「MEBエントリーファミリー」は、先日その存在が確認された低価格帯のI.D.モデルに続く。内部では「EV版国民車」と呼ばれ、価格設定は1万7200ポンド(251万円)あたりになると言われている。

フォルクスワーゲンの戦略部門トップ、ミハエル・ヨストは、同社がその価格帯で最も安い電気自動車をI.D.ブランドからリリースすることを目指しており、生産はドイツ国内で行うことを検討しているとAUTOCARに話した。1台の組み立てには10時間も掛からないという。

next pageバッテリーの選択肢 航続距離200km〜

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ