新しくもどこか懐かしい? 「愉しむためのBEV、時代が変わる予感」 ヒョンデ・アイオニック5N

公開 : 2024.04.25 12:05

愉しむためのBEV、突破力に脱帽

アイオニック5に負けず劣らず、その高性能版の完成度は高かった。アイオニック5Nの最大の特徴はBEVだからこそ成立するドライビングファンが詰め込まれている点にある。

今回の試乗で最も感心させられたのはN eシフトだった。これは“仮想変速”の機能で、まるでパドルシフト+8段DCTを備えたICE車さながらの音とトルク変動が味わえる。

ヒョンデ・アイオニック5N
ヒョンデ・アイオニック5N

仮想だから当たり前なのだが、鋭いレスポンスで変速がバンバン決まる。実車の中にVR(仮想現実)が入り込んだようなシステムで、試す前は“子供だまし”にしか思えなかったのだが、使ってみるとこれがアナログ車を愛するドライバーの琴線に触れまくるのだ。

一方ドリフト試乗は簡単にはいかなかった。Nドリフトオプティマイザーなる駆動力を調整してくれるモードに頼っても、ドリフト姿勢を保つのは難しい。床下バッテリーのおかげで重量配分がミッドシップ的ということもあるし、強大なトルクがテールを振り出しやすく、しかし止めにくくもしている。

クルマ酔いするほど滑らせてわかったのは、4輪のグリップが最大限に活用できており、スタビリティが恐ろしく高いということだった。

クローズドコースまで自走していき、現地の急速充電器を使ってサーキット走行やドリフトを楽しむためのBEV。実際にアイオニック5Nはその概念に忠実に作られている。

考え方は目新しくないが、実際にそれを実現してみせたヒョンデの突破力には脱帽するしかない。かつてWRCを沸かせていた国産メーカーのエンジニアがアイオニック5Nに触れたら複雑な思いに駆られるかも知れない。

試乗車のスペック

全長×全幅×全高:4715×1940×1585mm
最高速度:260km/h
0-100km/h加速:3.4秒
駆動方式:AWD
車両重量:2235kg
パワートレイン:ツイン永久磁石同期モーター
駆動用バッテリー:84.0kWh
急速充電能力:350kW
最高出力:650ps(オーバーブースト時)
最大トルク:78.2kg-m(オーバーブースト時)
タイヤサイズ:275/35R21

ヒョンデ・アイオニック5N
ヒョンデ・アイオニック5N

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    小川和美

    Kazuyoshi Ogawa

    1986年生まれ。クルマ好きの父親のDNAをしっかり受け継ぎ、トミカ/ミニ四駆/プラモデルと男の子の好きなモノにどっぷり浸かった幼少期を過ごす。成人後、往年の自動車写真家の作品に感銘を受け、フォトグラファーのキャリアをスタート。個人のSNSで発信していたアートワークがAUTOCAR編集部との出会いとなり、その2日後には自動車メディア初仕事となった。
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ヒョンデ アイオニック5の人気画像