ランボルギーニ・ガヤルド 故障や燃費、維持費は? 中古車購入ガイド

公開 : 2018.01.01 10:10  更新 : 2018.01.02 17:41

専門家の意見を聞いてみる

マーク・ローズ
HRオーエン社

「ガヤルドの価格はピンきりです。他のモデルよりも、はるかに価格設定は複雑だと思います。われわれはあまり古いクルマは扱っていませんが、サーキット走行による、ボロボロになったタイヤや摩耗したブレーキ、ボディパネルなどに詰まったグラベルの砂や小石などには気をつけたいところです」

「ガヤルドの多くは、ボディにフィルムラッピングをしているので、フィルムを剥がした状態でボディの傷を確認します。クルマの数自体は豊富なので、ステアリングホイールが劣化していたり、運転席のサイドサポートが破れていたり、あるいは極端に走行距離が短いクルマは、避けたほうが良いでしょう」

「販売業者がしっかりクルマのことを把握しているかも重要です。整備記録も、どこで整備されたかまで確認した方が良いです。2013年式のスーパーレジェーラLP570-4を約11万5000ポンド(1745万円)で仕入れました。これは14万ポンド(2125万円)で販売予定です」

知っておくべきこと

丁寧に施工された、ノーズ周りやリアの冷却ダクト周りのペイント保護フィルムは、殆ど目立たない。塗装する前に剥がす必要があるので、エッジ部分のカットマークの有無で、フィルムの状態が確認できるはず。

いくら払うべき?

5万ポンド〜6万9995ポンド(759万円〜1062万円)

2005年からのクーペで、9.6万kmくらいまでの車両。マニュアルは高値になる。7.4万kmの2007年モデルのスパイダーが6万6000ポンド(1001万円)だった。

7万ポンド〜7万9995ポンド(1063万円〜1214万円)

初期型のクーペで、5.6万kmくらいまでの車両。2009年モデルで6万kmのスパイダーのオートマティック車を7万3000ポンド(1108万円)で見つけた。

8万ポンド〜9万4500ポンド(1215万円〜1442万円)

初期モデルのクーペでマニュアル車。2007年から2008年のスパイダーで、オートマティック車、4万km前後の車なら豊富にある。

9万5000ポンド〜10万9950ポンド(1443万円〜1670万円)

2010年式までのスパイダーか、走行距離が短いクーペ。2007年のスーパーレジェーラで4.5万kmのクルマが10万(1518万円)で見つかった。

11万ポンド〜11万4500ポンド(1681万円〜1745万円)

2013年式までのスパイダーのオートマティック車。2010年のクーペ、3.8万kmのマニュアル車が、11万3000ポンド(1715万円)だった。

11万5000ポンド以上(1746万円以上)

2012年式以降の状態の良いクルマ。

掘り出し物を発見

ランボルギーニ・ガヤルド 5.2ℓ クーペ オートマティック 登録2009年 走行1.5万km 価格10万4500ポンド(1586万円)

個人売買のワンオーナー車。HRオーエン社から新車で購入し、整備記録も全て揃っていて、サーキット走行はしていないようだ。因みに、HRオーエン社では、2010年式の3.8万kmのクルマが、1年の保証がついて11万3000ポンド(1715万円)となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事