トヨタとパーク24 C-HRを60台使用、カーシェアリング業務提携

2018.04.03

トヨタとパーク24は、東京都心の一部におけるカーシェアリングサービスの業務提携を開始します。「所有」だけでなく、カーシェアリング等の「利活用」のニーズが高まりによるもので、トライアル期間は10カ月。60台のC-HRを用い、取り組みを推進します。

もくじ

100年に1度の変革期 「利活用」の時代へ
C-HRを60台使用 10カ月の実験

100年に1度の変革期 「利活用」の時代へ

トヨタとパーク24は、東京都心の一部におけるカーシェアリングサービスの業務提携を開始する。

「移動の自由や楽しさ」と「安全/安心な移動」を誰もが享受できるモビリティ社会の実現をめざし、トヨタのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を活用した新たなサービス開発を視野に入れたトライアル実施に関する合意書を締結した。

自動車業界が100年に1度の変革期にある中、クルマは従来の「所有」だけでなく、カーシェアリング等の「利活用」のニーズが高まっていると、両社は考える。

両社はこれまで、すべてのひとが自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現したいという共通の志のもと、2015年4月からパーソナルモビリティを活用したシェアリングサービス「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」、「Times Car PLUS × Ha:mo」といった実証実験を実施するなど、新しい都市型交通ネットワークの構築による自由な移動の提供、低炭素で快適な都市/まちづくりへの貢献に取り組んできた。

具体的に、どのような活動をおこなうのだろう?

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース