ロードテスト フォード・フィエスタST-3 ★★★★★★★★★☆

公開 : 2019.01.03 11:40

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

走り ★★★★★★★★★☆

エンジンを掛けてしばらくは、比較的自由に回る3気筒エンジンが奏でる独特のビートに、少し戸惑いや物足りなさを感じるかもしれない。フィエスタSTはコストや燃費が最優先のコンパクトカーとは異なるのだから。アイドリング時はやや不均一だし、中回転域はどこかダルな現代版3気筒ターボエンジンが、ホットハッチに搭載されるのは珍しい。しかし、そんな不安感はすぐに杞憂だったと気づくはず。

疑う余地もなく、8代目フィエスタSTは速い。しかも運転がしやすく、エンジンの中回転域では特に、従来モデルを明らかに凌駕している。電子制御のローンチコントロールは良く機能してはいるが、出力を少し絞っているようで、スタンディングスタートを最速で切れるわけではないようだ。反面、ローンチコントロールなしでは、例えカラカラに乾いた路面であっても、フロントタイヤをスキールさせないギリギリのところが読みにくい。

強力なトルクを備えているから、フルスロットルを安心して使えるのは3速以上になってから。フロントタイヤのグリップ具合を知るには、エンジンの音を聞き分けるのが良いようだ。何回かトライした後、0-96km/h加速の1往復平均タイムで6.6秒を出すことができた。充分速い数字だが、かといって特に秀でているわけでもない。

しかし、現実の世界での速さが良く分かる、48-112km/h加速では明確に鋭い。直接的なライバルとなるトヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMNのタイムより、5.7秒も速いのだ。さらに、0-160km/h加速では、2002年に計測した名車、フォード・フォーカスRSよりも速いこともわかった。

一般道でも、中回転域で湧き上がる豊かなトルクは有用で、前出の5気筒エンジンを搭載していたフォード・フォーカスRSを彷彿とさせる走りを見せる。エンジンの本領を発揮できるのは3000から5000rpmの間で、残念ながら5500rpmを超えると息苦しくなってくる。またエンジン音は元気なものながら、期待するほどエキサイティングなものではない。

ステアリングホイールやペダル類の重み付けも適切で、ブレーキの制動力も充分で不安を感じることはない。シフトレーバーのストロークは短く、滑らかで、狙ったとおりにコクリとMTの変速を決められる。われわれテスターの間では、ドライビングモードがノーマルの時のアクセルペダルのキャリブレーション、踏み込み量とエンジンのレスポンス感が好みだという意見が多かった。スポーツやレースモードは、やや設定が過激すぎる用に感じられたのだ。

テストコース

このフィエスタSTは、サーキット仕様のフォードとは異なる。グリップ力やトラクション、パワーの出方やボディコントロール性などを鑑みると、サーキット走行にはあまり適さない様子。しかし、ハードコーナリング中の外側のフロントタイヤはかなり粘り強く、多くのライバルとは異なり、アンダーステアがなかなか出にくい。

ライバルでは限界領域となる領域までスピードを高めても、さらにもうひと段階の余力が残っており、想像以上に素速くエイペックスを縫っていく。価格的にもワンランク上の、ドライバーズカーと呼べるモデルに迫るほどの走りだと思う。

といっても、もちろんCセグメントに属するような、大きいボディを持ったハッチバックほどの高速領域での安定性は備えていないし、有り余るパワーと粘り強いシャシーに、いつまでもブレーキが付いていけるわけでもない。それでも、サーキットでの走行会を楽しめ、帰り道でも充分に満足できる、ジャイアントキラーであることには違いない。

安定性の高いシャシーは、エンジンのパワーをしっかり受け止め、電子制御をオフにすれば、アクセル操作に対する反応は一層生き生きとしたものに変化する。ノーズとテールの動きのバランスも素晴らしく、思いのままのテールスライドも難しくない。

T1セクションの大きなバンプをいなすには、リアサスペンションのストロークは不足気味。クルマの挙動も若干不安定になった。T2セクションのきついコーナー入り口では、狙った通りにエイペックスを突けなさそうでも、アクセルペダルの踏み込み量でコーナリングのライン調整が可能だった。

発進加速

フォード・フィエスタST-3 3ドア
テスト条件:乾燥/気温20℃
0-402m発進加速:15.2秒(到達速度:155.7km/h)
0-1000m発進加速:27.4秒(到達速度:197.6km/h)
48km/h-112km/h加速/4速:7.8秒

フォルクスワーゲン・ポロGTI+ DSG 5ドア
テスト条件:乾燥/気温28℃
0-402m発進加速:15.3秒(到達速度:152.0km/h)
0-1000m発進加速:27.6秒(到達速度:191.0km/h)
48km/h-112km/h加速/4速:9.2秒

制動距離

フォード・フィエスタST-3 3ドア
テスト条件:乾燥/気温20℃
97-0km/h制動時間:2.72秒

フォルクスワーゲン・ポロGTI+ DSG 5ドア
テスト条件:乾燥/気温28℃

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事