試乗 マセラティMC12 エンツォ・フェラーリの心臓を持つロードゴーイングGT1

公開 : 2019.07.06 07:50  更新 : 2020.12.08 10:40

サーキットのために誕生したMC12

MC12は、当時のマセラティにとって耐久レース参戦への唯一の切り札だった。要件となっていた25台の公道仕様となる「ストラダーレ」が製造されるとすぐに、マセラティがバックアップしていたイタリアのレーシングチーム、AFコルセはFIA GTチャンピオンシップへの参戦を表明する。

しかしMC12の圧倒的な性能を憂慮したFIAは、90年代のメルセデス・ベンツCLK GTR参戦時と同様に、公認をシーズン後半まで遅らせる決定をする。競争が発生しないレースは、面白みも薄れてしまうためだ。だが2005年には参戦が認められ、マセラティは239ポイントを獲得し、コンストラクターズタイトルを射止める。ライバルを寄せ付けない強さで、フェラーリの倍近いポイントを稼ぎ出した。

その後MC12は2006年から2009年にかけても参戦し、2010年のFIA GT1世界選手権でも優勝を果たしている。一方でMC12の長すぎる全長から、アメリカン・ル・マン・シリーズでは参戦することすら難しかった。2005年に参加が認められるが、ポイントは獲得できていない。アメリカ・ヒューストンに本拠を置くレーシングチーム、リシ・コンペティツィオーネからも1台が参加していたものの、最終戦のラグナセカではクラッシュしてリタイアしており、記憶には残らない結果となった。

GT1での好成績を土台に、MC12のサーキット仕様「コルサ」も資金力のある富裕層へ向けて生産された。マセラティのカラー、ブルービクトリーで塗られたMC12コルサの価格は100万ユーロ(1億3000万円)。マセラティが認めたサーキットでの走行会、トラックデイでのみ走行が許された。GT1仕様に準じた最高出力は、755psを誇ったという。

マセラティMC12ストラダーレ(2004年〜2005年)のスペック

価格 新車時56万ポンド(8120万円)/現在250万ポンド(3億6250万円)
生産台数 50台
全長×全幅×全高 5143✕2096✕1205mm
最高速度 329km/h
0-96km/h加速 3.8秒
燃費 4.3km/ℓ
CO2排出量
乾燥重量 1335kg
パワートレイン V型12気筒5998cc
使用燃料 ガソリン
最高出力 630ps/7500rpm
最大トルク 66.3kg-m/5500rpm
ギアボックス 6速セミ・オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×