マツダ・ロードスター 45台のコレクション 伊のコレクターを訪問 前編

公開 : 2019.11.23 07:50  更新 : 2020.12.08 10:56

マツダ・ロードスター(MX-5)をこよなく愛するアンドレア・マンチーニがこれまでに所有してきた台数は45台。そんな情報を聞き、英国編集部はイタリアの「ミアータランド」へ飛びました。

もくじ

マツダ・ロードスターが我が人生
今まで売却したロードスターは1台限り
中には435psのV8エンジン搭載車も
300台、日本限定の希少なM2 1001
「他に比較できるクルマはありません」

マツダ・ロードスターが我が人生

text:Greg Macleman(グレッグ・マクレマン)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
普通の人に「人生とは」と聞いたら、「宇宙」だとか「家族」といった答えが返ってくるだろう。クルマを心から愛する人間の中には、マツダMX-5や、ユーノス・ロードスター、ミアータ、といった返事をする人もいるかも知れない。北米や日本で、呼ばれ方は多少異なるけれど。

そんな1人が、イタリアに住むアンドレア・マンチーニ。ジャガー・ランドローバー社の財務部門で仕事をこなしながら、マツダ製の小さなロードスターに人生を捧げてきた人物。一部の間では、世界最大のマツダ・ロードスター(MX-5)のコレクションという評価を受けるほどのマニアだ。

イタリアのミアータランド
イタリアのミアータランド

彼がこれまでに手に入れたロードスターは、信じられないことに45台。もちろん、初代から現行の4世代目までを網羅する。そのすべては、イタリアのとある丘の上に立つ自宅兼民宿に納められている。ジェームズ・ボンドの悪役潜んでいそうな雰囲気がある。

彼が目指すのは、悪の力での世界背服ではない。マツダ・ロードスターの魅力を、1人でも多くの人と共有すること。「すべては1998年に始まりました。発表から9年も経っていました。ドイツからイタリアに入ってきたクルマを、フォードKa(カー)との交換で手に入れたんです」

「それまでロードスターを運転したことはなく、ショールームで見ただけ。でもパンフレットはたくさん持っていました。ローマに近い海辺の街に当時は住んていましたが、中古車店からソフトトップを開けて走り出した時の鮮烈な記憶は、今も忘れられません。それ以来、ハマってしまったんです」

今まで売却したロードスターは1台限り

そのクルマは、新車の2代目ロードスターを購入するために売却された。しかし、「初代も必要だということに売ってから気付いたのです」 と笑うマンチーニ。「初めて手にした初代ロードスターが、今まで売却した唯一のロードスター。シチリア島のパレルモで昨年見つけたのですが、状態は良くありませんでした」

「フロントガラスにメモを書き置きしてきましたが、連絡はもらえていません」 だが、ペルージャの丘の上に建つベッド&ブレークファストと呼ばれる民宿で、新車で招かれた2代目ロードスターは、今も44台の兄弟たちと暮らしている。

イタリアのミアータランド
イタリアのミアータランド

ここは、まさにロードスターのテーマパーク的な雰囲気。ラグジュアリーな客室名には、ボディカラー名が充てられている。木製のベッドフレームは、エンジンとトランスミッションをつなぐ、パワープラントフレームと呼ばれたサブフレームの形状を模してある。

屋外には、かつてマセラティのコレクションを保管していた巨大な木製のガレージがある。大きなガラスのドアには、「Miataland(ミアータランド)」と誇らしげにレタリングされている。

奥に深い、薄暗いガレージに入ると、マンチーニがクルマを手放す考えを持たないことがわかる。取材日は欧州全体が熱波に襲われていた時期だったが、そんな事も忘れるほどの様々なロードスターが、埃よけカバーに覆われて並んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事