【ホットハッチ越えた?】俊足クロスオーバーの実力を試す フォルクスワーゲンTロックR vs BMW M135i 前編

公開 : 2020.02.15 09:18  更新 : 2020.02.15 09:18

見事なボディコントロール

電子制御されたカップリングによって、最大50%のトルクを後輪へと伝達しており、フロントにはフォルクスワーゲンのXDS電子制御式ディフェレンシャルロックが搭載されている。

このXDSディフェレンシャルロックは、空転する側のタイヤにブレーキを掛けることで反対側に駆動力を伝えるという、リミテッドスリップディフェレンシャルのような効果を発揮する。

俊足クロスオーバーの実力を試す
俊足クロスオーバーの実力を試す

そして、これがゴルフRが時に見事なリアのバランスを感じさせる理由となっている。

確かにすべてのトルクの最大半分までしか後輪へと伝達することは出来ないが、このXDSが見事な制御でフロントへと伝えられるトルクをカットすることで、全体的に見ればリア偏重の駆動力を確保することを可能にしている。

さらに、TロックRのボディはM135iに対してわずか50kg増に留まっている。

もちろん、例え50kgでも違いはない方が望ましいが、1575kgという全体重量からすれば決して大きな違いとは言えないだろう。

もしかしたら、これが695ポンド(9万9000円)のオプションであるダイナミックシャシーコントロール・サスペンションから想像する以上に、TロックRが滑らかな走りを見せる理由の一端となっているのかも知れない。

よりドライな路面であればこのクルマはまさに飛ぶような走りを見せ、大きくサスペンションを動かしながらも、奇妙なほどの滑らかさで見事にボディの動きをコントロールしてみせる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フォルクスワーゲンの人気画像