ロードテスト メルセデスAMG A 45 S ★★★★★★★★★☆

公開 : 2020.03.14 11:50  更新 : 2020.03.23 18:09

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

スペック表のあり得ないほど大きな数字に目を通す前でも、そのルックスとサウンドから、A 45 Sは日常遣いへの妥協をそれほどしていないクルマだと思わされる。そして、それはあながち間違いではないといえるところもある。

ヒーター付きのAMGパフォーマンスシートは、この最強のホットハッチにスーパーカー的な魅力を幾分か持ち込んでいる。硬いがアジャスト幅は広く、サポートも秀逸。長距離乗っても快適だ。

フォルクスワーゲン・ゴルフRよりはノイジーでビジーだが、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーよりは普通に乗れるクルマだ。
フォルクスワーゲン・ゴルフRよりはノイジーでビジーだが、ルノーメガーヌR.S.トロフィーよりは普通に乗れるクルマだ。    OLGUN KORDAL

ただし、大きなタイヤに硬いスプリングとサスペンションマウントは、ロードノイズを避けられないものとする。フォルクスワーゲン・ゴルフRに慣れていたら、A 45 Sはノイジーで、ビジーなところのあるクルーザーだと思うだろう。

しかしわれわれとしては、このAMGがゴルフRのライバルとは考えられない。また、この恐るべきパフォーマンスとハードコアさの色濃いキャラクターを踏まえれば、比較的実用的であることはこのクルマの大きな強みのひとつだといえるだろう。

ダンパーをコンフォートモードにすれば、乗り心地の活発さは消えないものの、つらいというほどのことはめったにない。先代A 45では厳しいところのあった街乗りの速度域であってもだ。日常遣いでは、このクルマが持つ二面性のうち、ソフトなほうの側面を見せる。

このクルマには、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーや718ケイマンには望み得ない普通さが随所に見られる。操縦系のファインチューニングぶりは実に優秀だ。日常的な速度域におけるペダルやステアリングのナチュラルなレスポンスは、全体的な扱いやすさに貢献している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツの人気画像