【詳細データテスト】ルノー・アルカナ 意外な広さ ハイブリッドは燃費良好 質感と快適性には妥協も

公開 : 2021.10.23 20:25  更新 : 2021.10.23 23:50

ルノー・アルカナは、広い空間とクーペ風のルックスを両立し、斬新なハイブリッド機構はなかなかの燃費。が、動力性能はイマイチで、乗り心地はハンドリングの犠牲に。新ジャンルの先駆者となるには、物足りなさが否めません。

はじめに

間違いなくクラストップになれる方法があるとすれば、それはまったく新しいクラスを作ってしまうことだ。メルセデスは初代CLSで、4ドアクーペというクラスを産み出し、日産ジュークで、BセグメントSUVを開拓した。この2台がとくに顕著な例だ。

そして今、Bセグメント以上、Cセグメント未満で、商品としての訴求力をわずかばかり高めた高めたクロスオーバークーペという、ありそうでなかったカテゴリーが生まれようとしている。少なくとも、今回取り上げるルノー・アルカナはそういうクルマだ。

テスト車:ルノー・アルカナEテック・ハイブリッド 145 Sエディション
テスト車:ルノー・アルカナEテック・ハイブリッド 145 Sエディション    OLGUN KORDAL

コンパクトなファミリーカーを探しているユーザーは多くても、事細かな要件まで明確に定めているひとはそう多くないだろう。このアルカナにしても、もしルーフがスロープしたSUVというスタイルによほどご執心でなければ、これに代わる選択肢はたくさんある。

日産ジュークや、同じルノーのキャプチャーであれば、もっと少ない出費で手に入る。ただし、室内の広さは多少なりとも目減りする。逆に、予算を数千ポンド上げれば、上位クラスのSUV、たとえば日産キャシュカイやヒュンダイ・ツーソンあたりが射程に入る。

今回のロードテストで、新たなカテゴリーのパイオニアであるアルカナの立ち位置をはっきり見極めたい。これは、ボディサイズと室内空間の妥協点として、クロスオーバーにおける新たな最適解なのだろうか。それとも、まったく異種のきっかけや影響をごちゃ混ぜにしただけのクルマなのか。

また同時に、Eテック・ハイブリッドの実力も探ってみたい。少し前にテストしたメガーヌのプラグインハイブリッドと同様に、フルハイブリッドとしてうまくはたらいてくれるのだろうか。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ライター/エディター

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像