585馬力の電動セダン ヒョンデ、高性能EVコンセプト「RN22e」公開 新技術盛り込み

公開 : 2022.07.15 18:45

ヒョンデは、アイオニック6をベースとした高性能EVコンセプトを公開しました。まもなく登場するスポーツモデル「N」シリーズの性能を示すものとなっています。

最新技術を誇示するハイパフォーマンスEV

ヒョンデは、高性能EVコンセプト「RN22e」を公開した。ヒョンデは高性能モデルに「N」の名を与えているが、Nシリーズとしては初のEVがまもなく登場する予定だ。今回のコンセプトカーは、その技術とパフォーマンスを示すものである。

サーキット走行に特化したデザインだが、新型アイオニック6がベースとなっていることは明らかだ。ただし、現時点ではアイオニック6 Nの導入は確認されていない。

ヒョンデRN22eコンセプト
ヒョンデRN22eコンセプト    ヒョンデ

Nブランドのマネジメントおよびモータースポーツ部門責任者であるティル・ヴァーテンベルグ副社長は、アイオニック5の高性能モデルであるアイオニック5 Nが来年欧州市場に投入されることを明らかにした。

RN22eは、ヒョンデ・ヴェロスターをベースに開発されたRM20eやRM19と同様のコンセプトモデルだ。いずれも、電動ドライブトレインとミドエンジンレイアウトを研究するためのプロトタイプである。

先に発表された新型EVセダン、アイオニック6をベースに、ディフューザーやスポイラー、大径ホイール、ワイドフェンダーなどを装着し、アグレッシブなスタイルに仕上げている。

ドリフトモード搭載 独自のブレーキシステムも

メカニカルでの特徴は、トルクベクトル制御である。電気モーターを前後アクルスに1基ずつ積んだ四輪駆動で、クラッチパックを使って左右の駆動輪のトルク配分を調整できるだという。アイオニック5 Nでは、この技術を活かしたドリフトモードが搭載される見込みである。

モーター自体は兄弟ブランドのキアEV6 GTから流用し、最高出力585ps、最大トルク75kg-mを発揮する。ヒョンデによると、RN22eの最高速度は250km/hに達するという。

ヒョンデRN22eコンセプト
ヒョンデRN22eコンセプト    ヒョンデ

また、ブレーキにおいても新たな試みが用いられている。

一般的なEVでは、回生ブレーキを採用しているため一般道におけるディスクブレーキへの負担は比較的少ない。しかし、サーキット走行で繰り返し大きな負荷がかかると、バッテリーパックの重さもあってすぐにブレーキ性能が落ちてしまう。そこでRN22eでは、400mm径のハイブリッドメタルディスクを実験的に採用している。

同時に、回生ブレーキはヨーの制御、つまりコーナリング時の挙動制御にも使われる。

また、車内スピーカーと車外スピーカーから音を出力し、EVでありながら独自のサウンドを演出している。加えて、モーター制御によりエンジン車の変速ショックを再現することができるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事