フォード・レンジャー 詳細データテスト 柔軟な操縦性 操舵はSUV並み 乗用に不満のないトラック

公開 : 2023.06.24 20:25  更新 : 2023.07.04 00:11

ラダーシャシー+リアリジッドと聞いて想像する過酷な乗車環境は、新型レンジャーにはありません。動力性能もハンドリングも不満のないレベル。テストした上級仕様なら内装の仕立てもよく、エンジンノイズも許容範囲内でした。

はじめに

ピックアップトラックは、実用一辺倒のクルマであり、牧草や羊、もしくは建材のようなものを運搬するための道具だと考えるのではないだろうか。しかし、英国での購入者の大多数にとって、フォード・レンジャーはそれ以上のものだ。

それは統計にも表れている。英国で販売された先代モデルの80%が、ワイルドトラック仕様だった。レンジャーに馴染みのない読者諸兄へ説明しておくと、これはフル装備仕様だ。見栄えのいいアルミホイールやレザーシート、ソフトタッチのインテリア素材、そしてあらゆる装備が与えられている。

テスト車:フォード・レンジャー2.0L TD エコブルー205PS ワイルドトラック
テスト車:フォード・レンジャー2.0L TD エコブルー205PS ワイルドトラック    JOHN BRADSHAW

これは、アメリカ発信のトレンドのようだ。彼の地では長年、フォードF−150がベストセラーの座についていて、その用途が農業用トラックばかりではないことは明らかだ。多くが日常使いの乗用車だったり、ボートを牽引したり、キャンプ道具を運んだり、という目的で購入されている。

2023年、フォードは欧州向けピックアップのレンジャーを新型へ移行した。このジャンルの変化するニーズを念頭に置き、今回のテスト車両はワイルドトラックに中間機種の2.0Lツインターボディーゼルを積んだ仕様を選択。一般ユーザーの使い方を想定して、オン/オフ双方での性能を検証する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    ジョン・ブラッドショー

    John Bradshaw

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事