色っぽい20スポークが良く似合う アルピナD3 S ツーリング 長期テスト(1) 独立時代を締めくくる1台

公開 : 2023.10.22 20:25  更新 : 2023.10.23 16:35

直列6気筒ディーゼルを搭載した高速ワゴンのD3 S 独立時代最後となる現行型 誉れ高いアルピナの実力を長期テストで検証

初回 独立時代最後のアルピナ・ツーリング

最新世代のBMW 3シリーズをベースにした、アルピナの独立時代最後といえるD3 Sツーリングが、英国編集部へやってきた。素晴らしい数か月が始まるに違いない。

ご存知の通り、BMWへのアルピナブランド商標権譲渡を発表している。しかし、2025年まではブランド独自のモデルが販売される。

アルピナD3 S ツーリング(英国仕様)
アルピナD3 S ツーリング(英国仕様)

もっとも、これまでもBMWの量産ラインでかなりの部分までアルピナが作られてきたことは事実だ。だが今後は、これまでと違ったビジネスが展開されることだろう。大きく変化しないことを願う、ファンは少なくないはず。

3シリーズをベースにした同社のステーションワゴン、ツーリングは、クルマに求めるすべてを叶えられる理想的なモデルの1つといえる。そんなディーゼルエンジンのD3と、ガソリンのB3は、3シリーズのフェイスリフトに合わせて2022年に改良を受けている。

D3 S ツーリングの最高出力は360psへ向上し、最大トルクは74.3kg-mまで引き上げられた。電圧48Vで稼働するスターター・ジェネレーターによる、マイルド・ハイブリッドシステムも獲得した。望ましいステーションワゴンは、一層訴求力を増したといえる。

力強さと実用性とのバランス

アルピナは、小規模な1つの自動車メーカーとして英国では扱われており、平均燃費に対する規制が緩い。そのため、3.0L直列6気筒ディーゼル・ターボエンジンを搭載していても、グレートブリテン島で購入できる。他方、BMWは同等のユニットを販売できない。

公式の燃費は14.5km/Lで、CO2の排出量は182g/km。現在の基準では、優秀な部類には入らないだろう。しかし、高速道路なら17.0km/L程度まで伸びるはず。

アルピナD3 S ツーリング(英国仕様)
アルピナD3 S ツーリング(英国仕様)

0-100km/h加速を4.6秒で処理し、最高速度は273km/hに届く。ドイツのユーザーは、そんな力強さと実用性とのバランスを評価してきた。

D3 S ツーリングの価格は、英国で6万6000ポンド(約1195万円)から。標準装備は充実しているものの、オプションも幅広く用意されている。

長期テスト車両の場合、アルミホイールは19インチから20インチの鍛造品へアップグレードされ、ブラック・サファイアの塗装に控えめなデカールが貼られ、ブレーキも強化されている。落ち着いた、凛々しい見た目に仕上がっている。

車内には、ハーマン・カードン社製のステレオと、メリノ・レザー・インテリアが与えられている。今回は、ゴージャスなダークブルーが指定された。

第一印象は、もちろん良い。当然といえるが。BMW 3シリーズは優れたクルマで、アルピナはいつも見事な仕事をする。D3 S ツーリングが、素晴らしくないわけがない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト アルピナD3 S ツーリングの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事