レトロスタイルの次世代EV 一部公開 ルノー5 Eテック、航続距離400km

公開 : 2023.12.03 06:25

・ルノーが次世代EV「5 Eテック・エレクトリック」の予告画像を公開。
・伝説的な大衆車「5(サンク)」の名を受け継ぐ小型ハッチバック。
・ハンドリングと乗り心地を追求。リアアクスルに力を入れる。

5(サンク)の名を受け継ぐ

フランスの自動車メーカーであるルノーは、新型EV「5 Eテック・エレクトリック」の予告画像を公開した。来年2月のジュネーブ国際モーターショーで正式発表される予定だ。

新型5 Eテック・エレクトリックはこれまでプロトタイプが公開されているが、市販車バージョンのお披露目は今回が初めて。航続距離400km、楽しいドライビングを実現するという次世代のコンパクト・ハッチバックである。

ルノー5 Eテック・エレクトリックの予告画像
ルノー5 Eテック・エレクトリックの予告画像    ルノー

予告画像では、プロトタイプとのスタイリング上の違いがいくつか見られる。例えば、ヘッドライトの縁はわずかに丸みを帯び、プロジェクターは従来式のLEDブロックになっているようだ。ボンネットには、新型トゥインゴ・コンセプトと同様の充電インジケーターが確認できる。

リアエンドでは、ブレーキライトの上下セグメントの間隔が以前より広くなっている。車幅いっぱいに伸びるライトバーは、ソリッドブラックのトリムに変更された。

ルノーはまた、52kWhバッテリーを採用し、1回の充電での航続距離が400km(WLTPサイクル)になることも明らかにした。

ルノーのルカ・デ・メオCEOは次のように述べている。

「ルノー5は誰もが欲しがるクルマです。すべての世代にインスピレーションを与えた伝説であり、誰もがこのクルマを待ち望んでいます。完成車は2月のジュネーブで公開されます。わたしはすでに試乗しましたが、予約注文を開始するのが待ちきれません」

「リアアクスル」に自信あり

新型5 Eテック・エレクトリックは、運転が最も楽しい小型EVを目指して開発されているという。

ベースとなるのはAmprスモール・プラットフォーム(旧名称:CMF-B-EV)で、楽しいハンドリングを実現するための一連の技術が盛り込まれる。その最たるものがマルチリンク機構のリアアクスルで、ルノーはBセグメントEVで唯一の採用だとしている。

ルノー5 Eテック・エレクトリックの予告画像
ルノー5 Eテック・エレクトリックの予告画像    ルノー

マルチリンク式は通常、トーションビームよりも乗り心地とハンドリングのバランスが良いとされる。これは、両特性を個別に細かく制御できるためで、比較的シンプルな非独立サスペンション特有の妥協を最小限に抑えることができる。

新型5 Eテック・エレクトリックのダイナミクスについて、車両性能担当副社長のジャン=セバスチャン・ブラジ氏は次のように述べている。

「R5(略称)は、メガーヌEテックとダイナミクスの点でまったく遜色のないものになるでしょう。このリアアクスルのおかげで、マルチリンクを採用し、多くのアンダーステア特性を持たせることができました。これにより、クルマの安定性が大きく向上しました。安全性が重要なのは明らかですから」

「このリアアクスルがあれば、安全性を犠牲にすることなく、非常にダイナミックなステアリングを握ることができます。つまり、リアアクスルが非常に優れたアジリティとステアリング・レスポンスを与え、回避運動のような極端な操作でもクルマの安定性を確保する秘訣なのです」

記事に関わった人々

  • 執筆

    チャーリー・マーティン

    Charlie Martin

    英国編集部ビジネス担当記者。英ウィンチェスター大学で歴史を学び、20世紀の欧州におけるモビリティを専門に研究していた。2022年にAUTOCARに参加。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事