長期テスト フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(最終回) 40歳を迎えてもGTI

2019.11.23

100字サマリー

新しいゴルフが発表されましたが、まだまだ7代目ゴルフは現役。誕生から40年が経過したゴルフは、今も世界最高のオールラウンド・ホットハッチなのかどうか、2万キロを超えた長期テストは最終回となりました。

もくじ

積算2万383km デリケートなスイーツも運べる
積算2万1110km ホットハッチの変化が多かった2017年
場面を選ばず一緒に過ごしたいゴルフGTI
適した道で、適した走らせ方をすれば
40歳を過ぎても新しい時代が待っている
セカンド・オピニオン
テストデータ

積算2万383km デリケートなスイーツも運べる

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTIは乗り心地が良い。その物理的な証拠が出た。ティータイムのスイーツを何事もなく運搬できたのだ。

ジャムのタルトは形を崩さず、卵とマヨネーズのサンドイッチは、オープンサンドにならなかった。助手席に乗せたホールケーキ、ビクトリア・スポンジも美しさを保ち、次に乗る人のお尻を汚すこともなかった。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目

積算2万1110km ホットハッチの変化が多かった2017年

パワーは充分か?はい。エキサイティングか?もちろん。サウンドは?うーん。今回2万kmもの距離を長期テストで試乗したが、この点に関しては肯定はしにくい。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIは2017年に誕生から40周年を迎えた。今回の長期テストでは、ささやかながらそれを祝おうと考えていた。フォルクスワーゲンのウェブサイトで、GTIのオプションを選びながら計画していたことだ。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目

だが2017年、ホットハッチ界には大きな変化があった。ヒュンダイからは優れたi30 Nが登場し、フォルクスワーゲンの領域に迫った。ホンダからは、フロントタイヤに史上最大といえるパワーを伝える、シビック・タイプRが登場した。しかも英国価格はゴルフGTIと大差ない。

プジョーやセアトからも、ホットハッチを活気づけるモデルが登場した。フォルクスワーゲンは黙っていられず、マイナーチェンジ後の2017年にパワーアップとリフレッシュを加えている。GTIの存在感を示す必要があったのだろう。

 
最新試乗記