【ホットハッチ越えた?】俊足クロスオーバーの実力を試す フォルクスワーゲンTロックR vs BMW M135i 後編

2020.02.15

100字サマリー

フォルクスワーゲンから登場した俊足クロスオーバーモデル、TロックRと、当代最高のホットハッチの1台であるBMW M135iの比較テストです。この2台のどちらがより高いドライビングプレジャーを与えてくれるのか、雨のウェールズを舞台に比べてみました。

もくじ

まるでデルタ・インテグラーレ
2地点間の速さ
ホットハッチという魔法
各車のスペック
番外編:ホットハッチのライバルたちを振り返る

まるでデルタ・インテグラーレ

路面に追従しながらも見事にその起伏をいなすというこの能力によって、このクルマはクラス最高の1台であるとともに、今回のテストでもベストな存在であることを証明している。

この点で言えば、TロックRはまるで古のランチア・デルタ・インテグラーレのようであり、ボディコントロールだけで見事に路面不整を処理してみせる。

まさに相応しい組み合わせだった。BMWが4WDのホットハッチを創り出したのはこれが初めてであり、フォルクスワーゲンのR GmbHがクロスオーバーモデルを手掛けたのは、5.0Lの排気量を持つV10ディーゼルエンジンが86.7kg-mの大トルクを発揮していた2008年のトゥアレグR50以来だったのだ。いまならそれほど多くのドライバーを惹きつけることは出来なかっただろう。
まさに相応しい組み合わせだった。BMWが4WDのホットハッチを創り出したのはこれが初めてであり、フォルクスワーゲンのR GmbHがクロスオーバーモデルを手掛けたのは、5.0Lの排気量を持つV10ディーゼルエンジンが86.7kg-mの大トルクを発揮していた2008年のトゥアレグR50以来だったのだ。いまならそれほど多くのドライバーを惹きつけることは出来なかっただろう。

最高のモーグルスキーヤーの滑りを見れば、わたしの言いたいことが理解できるはずだ。

だからこそコーナーにも速いペースを保ったままで進入することが出来るのであり、それこそがTロックRのパフォーマンスでもっとも驚かされる点となっているが、それもBMWには及ばないかも知れない。

見事な回頭性を見せるこのクルマでは、アルミニウム製のフロントサブフレームと新たなエンジンマウントが間違いなく効果を発揮している。

さらに、この優れたコーナリングパフォーマンスは、驚異的なオフセンターでのレスポンスを返すステアリングによって、なんの乱れも感じさせることなく達成されているのだ(このステアリングもゴルフR譲りであり、この可変レシオを持つステアリングラックは常に見事なギア比を感じさせる)。

スタンダードなサスペンションセッティングであってもほとんどロールを見せることはなく、フォルクスワーゲンのトレードマークとも言える見事な中立性を味わわせてくれる。

素早くコーナーへ侵入したかと思うと、落ち着きを保ったままそのままのペースでスムースに脱出してみせるこのクルマで問題を指摘するのは難しい。

 
最新試乗記