スバルBRZ(新車) vs TVR T350(中古) どちらが買い? 走りで勝負

2017.09.02

サマリー

魅力的な新車スバルBRZと、魅惑の中古TVR T350。これは迷います。ようは覚悟ですね。どちらでクルマ人生をまっとうできるか。興味深いです。

もくじ

新車のBRZか中古のTVRか
サイズ感、内装の違いを検証
内装ディテール 感じる時代
キャラクターはTVRが圧倒
そろそろ勝者を決めよう
2台のスペック比較

新車のBRZか中古のTVRか

この手の話題には終わりがない。2年前の比較では、共に£30,000(427万円)だった510psの中古のジャガーXKRと、269psの新しいプジョーRCZ Rを対決させたが、プジョーが僅差で勝った。

ジャガーも良いクルマだったが、若干劣る部分があったのだ。ダビデとゴリアテの戦いのようなものだ。

今回の主役は、2017年にマイナーチェンジされたばかりの、控えめな出力を持つコンパクトクーペ、スバルBRZだ。その対戦相手は、ピーター・ホイラー時代に生み出されたTVRの傑作、タモーラをベースとする排気音がたくましいT350tだ(T350cはクーペで、T350tはタルガトップとなる)。

僅か500台弱のT350が製造され、中古車として購入できる台数も少ないものの、価格はBRZの新車価格の£26,500(377万円)前後で見つけられる。

T350は前のオーナーがかなり手をかけており、レッドローズ仕様とライトウエイト・スペックを装備し、価格は£32,500(463万円)だった。

因みにレッドローズ仕様とは、ピストンのストロークを伸ばし、標準の3600ccから4000ccに排気量が拡大され、最高出力も355psから385psに向上、加えてブレーキの強化、エキゾーストパイプの変更、ビスカス式のリミテッド・スリップデフなどが備わるパッケージだ。

またライトウエイト・スペックの方は、標準のグラスファイバーボディに代わってビニルエステル系樹脂製のボディとなり、約30kgの軽量化となっている。

それにより、199psで車重1242kgのスバルに対して、車重は142kg重いが最高出力は約2倍となり、パワーウエイトレシオはスバルの161ps/トンに対して、349ps/トンとなる。

サイズ感はどうだろう? 意外とTVRとの関係を知らないかたも多いのではないだろうか。

 
最新試乗記

人気記事