VWコラード 密かに人気が急上昇 狙い目はVR6 中古車購入ガイド

公開 : 2018.01.06 10:10

フォルクスワーゲン・コラードの中古車 購入時の注意点

エンジン

VR6ではオイルとフィルタを頻繁に交換することが望ましい。タイミング・チェーンの異音に注意。寿命は16万kmで交換費用は800ポンド(12万円)。エンジンをおろす必要があるからだ。

1.8ℓでは安定化バルブに問題が起きる場合があり、アイドリングが不安定になる。G60では、スーパーチャージャーのメンテナンスあるいはリビルドの書類があるか、チェックすること。

ギアボックス

ギアボックスが冷えているときは、1速と2速を間違わずに選択すること。

インテリア

ヒーターが働くことを確認すること。1992年以降の丸形ダイアルのシステムはちょっと気難しく手荒に扱われることを嫌う。前席前の床が湿っていれば、ヒーター・マトリックス、ドア・シール、スカットル・ドレインの詰まりを疑うこと。

ボディ

フロント・ウイングとシルは腐食しやすい。バッテリー・フロアにも水が溜まり腐食する。フロント・リアのウインドウの周辺はさびやすい。

リア・パネルにフォルクスワーゲンの規格ステッカーが貼ってあるかどうかチェック。それがない場合はクラッシュ修理の恐れがある。80km/h以上でアクティブ・リア・スポイラーが立ち上がることを確認すること。

ヘッドライトとフォグライトの交換部品は貴重品だ(250ポンド=3万8000円まで)。ヘッドライトは修理可能だがフォグはできない。ドア・ハンドルは弱い。安価なパサートのリア・ハンドルが流用可能だ。

サスペンションとブレーキ

ブレーキとサスペンションの部品は豊富で安価だ。ABS付であれば、警告灯が消えているかをチェック。また、ブレーキ・ペダルに足を乗せたままエンジンを始動すると、ABSの脈動を感じるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事