【英国初の高速道路を闊歩】ヒーレー3000とジャガーMk2、フォード・ゼファー 前編

公開 : 2020.02.01 07:20  更新 : 2020.12.08 10:56

0-160km/h加速を31秒でこなす

「ヒーレー3000には、クーパー由来となるカムアンドレバー型のステアリング・ラックがついていて、街乗りでは取り回しがとても重たいのです。でも郊外の道へ一度出れば、その走りは壮観といえます」

「レイコック・ド・ノーマンビル製のオーバードライブ(高速走行用のギア)はオプション。高速道路での走行には欠かせないでしょう。回転数を低く抑えられるので、快適性が大きく違います」

ジャガーMk2 3.8(1959年〜1967年)
ジャガーMk2 3.8(1959年〜1967年)

排気量の大きいビッグ・ヒーレーは、英国製スポーツカー市場で大きな存在感を示した。飛行機乗りのようなフライング・ジャケットが必要なほど、スピードが出たからだ。今から60年前、0-160km/h加速を31秒でこなすオープンカー並みにスリリングな乗り物は、多くはなかなかったはず。

一方で、トウチェスターの街から時速200km/hでロンドンの役員専用駐車場へ通うサルーンといえば、当時はジャガーMk2 3.8の一択だった。

ジャガーMk2 3.8は、長年に渡ってクラシックカーの代表的存在。純粋なジャガーを所有するという喜びは他では得られない。「360度完璧なクルマです」 とオパールセント・ダークグリーンの1964年モデルのオーナー、トレバー・エイトケンが話す。

「どの角度から見ても、間違いなく美しいデザインです。わたしにとって、MK2で最も魅力を感じているのが、美しいフォルムと純粋なボディラインですね」

ブラウンズ・レーンにあったジャガーの工場では1958年に先代のMk1 2.4と3.4の改良を着手。ガラス面積を大きく取ったキャビンへ作り直し、トレッド幅を広くした。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記