【詳細データテスト】ポルシェ911 GT3 RS並みの走り 使い勝手は一歩後退 静粛性は皆無

公開 : 2021.08.21 20:25  更新 : 2021.09.05 20:03

内装 ★★★★★★★★★☆

キャビンはある程度の変更が可能で、走り志向のダーク系か、快適性を高めたものが選べる。テスト車はハードコアなほうのクラブスポーツ仕様で、918スパイダーで初採用されたオプションのカーボンバケットシートが装着されている。

このバケットシートは、乗り込む際にやや注意が必要だが、クッションはほどほどに効いていて、長距離走行でもじつに快適だ。背もたれの角度は固定されているが、座面の高さは電動調整でき、テスター陣もその恩恵にあずかった。

テスト車はクラブスポーツパッケージで、スウェード調生地を多用したレーシーな仕立ての2シーター。ツーリングパッケージはGT的な雰囲気のレザーインテリアで、2+2レイアウトになる。
テスト車はクラブスポーツパッケージで、スウェード調生地を多用したレーシーな仕立ての2シーター。ツーリングパッケージはGT的な雰囲気のレザーインテリアで、2+2レイアウトになる。    LUC LACEY

座面を少し上げると、ボンネットやフロントフェンダーの見切りがよくなる。もっとも、ロールバーとリアウイングの巨大な翼端板に遮られる肩越しの視界に改善は見込めないが。

ドライバーの眼前には、GT3専用の計器盤が据え付けられている。中央にあるのは、10000rpmまで刻まれたアナログの回転計だ。運転席の左側にあるギアセレクターレバーは、992型のほかのDCT車のそれより大型化しており、握りやすく、サーキット走行時にレースカーのシーケンシャルシフトレバーのように使うのが楽になっている。

シフトのロジックは問題ないが、レバーの見た目はややチープで、動きにはプラスティッキーなフィールが気になる。それ以外、キャビンの手触りはハイクオリティなので、ここだけがそぐわない。

収納スペースについて、GT3は一般的な911の水準に多少及ばない。ドアポケットは狭くて小さく、先代のように開口部を広げることもできないが、これは992型に共通するマイナスポイント。センタートンネル上には取り外し式のドリンクホルダーが備わるが、これは主にドライバー用のひとつだけ。同乗者がいる場合は、助手席側のダッシュボード内蔵タイプを引っ張り出さなくてはならない。

クラブスポーツ仕様では、積載性も低下している。ロールバーが邪魔して、前席から後席だったスペースへ楽に荷物を放り込むことができないからだ。フロントトランクは、やわらかい旅行バッグとヘルメットバッグならふたつずつ、中くらいのスーツケースならひとつを積み込めるくらいのサイズがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像

×