プジョー408GTハイブリッド 解き放たれた新種のPHEV 内外装にフランス的いいモノ感

公開 : 2023.12.28 17:45

「フランス的いいモノ感をたっぷり味わいたい人向け」とオススメできるクルマがプジョー408GTハイブリッドです。ぱっと見いきなりサイズ感から把握が難しい「新種」とプジョーが表現するクルマを紐解いていきましょう。

見た目は派手だと中身が怪しい?

個人的には常々「見た目に凝ったモデルほど、中身は大したことがない」という先入観を持っている。大々的に発表されたモデルも、そうしなければならない理由があるのだと……

今回のプジョー408GTハイブリッドは上記の穿った見方にぴたりと当てはまる。タレントの森山未來氏が登場した華々しい発表会で初めて目にした、プジョー曰くの「解き放たれた新種」そのボディは無数の直線的な織り目が交錯する多面体であり、オブセッションブルーと呼ばれるテーマカラーもかなり派手に見えた。

プジョー408GTハイブリッド
プジョー408GTハイブリッド

ということは実際にドライブしたら拍子抜け、という展開だろうか?

撮影場所までプジョー408GTハイブリッドをドライブしてきた編集のU氏が助手席に座り一言「これスンゴイいいクルマですよ!」

嗚呼、そーいう先入観、入れないで欲しいんだよねぇ、と思いながら走りはじめた刹那「これはいいかも!」ビビビっと来てしまった。

フランス車らしく軽い動き出し、ステアリングやシートを通して感じるボディはカチッと硬い。ハイブリッドの無音に対して、それ以外の部分もしっかりと無音を貫いている。

ついでに内装の仕上がりもいい。デザインは外観と同じく平面と織り目が重なりあう奇抜な造形だが、セダン以上SUV以下という絶妙なアイポイントの高さとプジョー独自のiコクピットが相まって視界はすこぶる良好。黒いトーンの室内も一見引き締まって見えるが、実際はとてもゆったりとしている。

いきなりジャブを受けて軽くダウンを喫した感じ? じっくり乗ってみようじゃないかという気が湧いてきた。

ちょうどいいサイズ感 主役はPHEV

写真で見ても新型プジョー408GTハイブリッドというクルマのサイズ感を掴むのは難しいかもしれない。何しろ新種なのだから。

でも現行のBMW3シリーズに近い、といえば「なるほど!」となるのでは? 

プジョー408GTハイブリッド
プジョー408GTハイブリッド

車高がグッと高められているし、リアがハッチバックになっているのでセダンではない。だがプジョーが4ケタではなく3ケタの車名を与えたことからもわかる通り、このクーペ風のシルエットを持つクロスオーバーSUVはセダンの延長にあると捉えるのが正しいと思う。

408シリーズのパワートレインは1.6Lターボ+プラグインハイブリッド/1.2L直3ターボの2種類。年季の入ったフランス車マニアなら小さなエンジンで大き目のボディを引っ張る1.2L版のアリュールやGTに惹かれるかもしれない。

だがDセグメントかつプジョーとしては大きめという車格を考えればメインとなるのは今回試乗したPHEV、つまり408GTハイブリッドの方だろう。

基本的にこのPHEVシステムはエレクトリックモードを選ばなくても、可能な限り電気を使って静かに走ろうとする。バッテリーの容量は12.4kWhなので電気による最大走行距離はWLTCで66km。それでも普段使いはEV車として活躍してくれるはず。

坂道等でスロットルを深めに踏み込むと急にエンジンが掛かって回転が高まりノイジーな一面が顔を覗かせるが、それ以外の走りはプジョーらしい軽快感と相まって効率の良さがを実感でき気持ちがいい。

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    小川和美

    Kazuyoshi Ogawa

    クルマ好きの父親のDNAをしっかり受け継ぎ、トミカ/ミニ四駆/プラモデルと男の子の好きなモノにどっぷり浸かった幼少期を過ごす。成人後、往年の自動車写真家の作品に感銘を受け、フォトグラファーのキャリアをスタート。個人のSNSで発信していたアートワークがAUTOCAR編集部との出会いとなり、その2日後には自動車メディア初仕事となった。
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像