ニュース

2019.05.07

新型ポルシェ・カイエンに、PHEVの「Eハイブリッド」 日本仕様の情報も発表

編集部より

ポルシェが、新型カイエンEハイブリッドの概要を発表しました。新たなPHEVモデルは、電気のみで44km走行可能。日本仕様の情報も届きました。画像7枚。

もくじ

新型カイエンのPHEV仕様
ブースト/充電 ドライブモード解説
ハイブリッド車にPDCC設定

新型カイエンのPHEV仕様

ポルシェAGは、新型カイエンEハイブリッドを導入すると発表した。カイエン・シリーズのプラグインハイブリッド・モデルとして、クラス最高のドライビング・ダイナミクスと最大限の効率性を両立するという。

そのシステム統合出力は462psに達し、従来型を46psも上回っている。さらにアイドリングをわずかに超える回転数で71.4kg-mの最大トルクを発揮する。

・3ℓV6エンジン最高出力:340ps(先代比:7psプラス)
・エレクトリックシステム最高出力:136ps(先代比:43%プラス)

ブーストストラテジーは、パナメーラのハイブリッドモデルと同様にスーパースポーツカー、918スパイダーに匹敵。プラグインハイブリッド・ドライブによって、0-100km加速は5.0秒をマークし、標準装備されるスポーツクロノパッケージのスポーツプラスモードを使用すると最高速度は253km/hに達する。

ゼロエミッションの電気モーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速可能。使用タイヤに応じて、平均燃料消費量(NEDC)は3.4–3.2ℓ/100km、平均電力消費量は20.9–20.6kWh/100kmを達成する。

またポルシェは、カイエンEハイブリッドの発売と同時に、先進装備を追加してカイエン・シリーズ全体のコンフォート&アシスタンス・システムの範囲を拡張することも発表した。

具体的には、日本仕様ではレーンチェンジ・アシストとアダプティブ・クルーズコントロール(ACC)、パークアシスト、サラウンドビュー・カメラが標準装備され、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付き独立ヒーター、および22インチ軽合金製ホイールなどがオプションとなる。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ