ゲームチェンジャー賞 自動車社会を一歩先に進めた5台+1社 AUTOCARアワード2018

公開 : 2018.05.27 10:10  更新 : 2021.03.05 21:37

この1年間のあいだに、世界を一歩先に進めたクルマたちを紹介します。韓国のキアやヒュンダイが新たなセグメントに参入したり、コンパクトSUVの理想形とも言えるボルボXC40が登場しました。最新のEVや自動運転を追求したモデルも取り上げています。

もくじ

キア・スティンガーGT
キア初のフラッグシップに
ダイナミックなFR

ボルボXC40
コンパクトSUVの理想形
安全装備も満載

アウディA8
高度な自動運転技術

ヒュンダイi30N
ホットハッチ市場に参入

日産リーフ
内燃機関のライバルに脅威を

ジャガー I-PACE
伝統的ジャガークオリティのEV

イノベーション・アワード:ウエストフィールド
バッテリー駆動の自動運転ポッドを開発

キア・スティンガーGT

キア初のフラッグシップに

この10年ほどの間にキアはどんどん強大になってきた。品質や質感は大躍進を遂げ、シティカーから7座のSUVに至るまで、ほぼすべてのクラスで主流メーカーの代用品と見られがちだったブランドから脱皮したのだ。

2006年にフォルクスワーゲンから移籍してきたデザインのチーフ、ピーター・シュライヤーがこの変革の立役者だ。昨年、われわれのスターメー・アワードを受賞したシュライヤーのおかげで、キアのデザイン言語には新風が吹き込まれ、今やこの韓国の自動車メーカーのクルマは、どれもみなとても魅力的なデザインになった。

しかし、キアにはフラッグシップと呼べるものがなかった。安くて信頼性が高いだけのクルマを作るメーカーというブランド・イメージを、もう一段高めるために必要なクルマだ。乗って走り出したとたんに「こりゃすごい」と叫んでしまうような。

新しいスティンガーGTは正真正銘のキア製である。この新型の重要性を見過ごしてはならない。長いボンネット、飛びかかるようなファストバックのルーフライン、沈み込んだ力強いスタンス、それに目を引く「タイガー・ノーズ」グリル(シュライヤー・デザインのアイコンだ)など、見た目のデザインだけでも魅力的だが、さらに魅力的なのは走り始めてからである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事