【再導入へ】北欧スポーティのキラーコンテンツ、ポールスター・エンジニアードのボルボS60 T8に試乗

公開 : 2020.04.10 07:50  更新 : 2021.10.11 13:50

ブレンボ製6ピストン 踏み側も緩め側も好感触

ポールスター・エンジニアード・モード走行時はフルタイムAWD制御なので、ハンドリングは徹頭徹尾、安定志向とはいえ、身のこなしの鮮やかさ、コントロール性の高さは保証されている。

ちなみにブレンボの371mm径ローターと6ピストンが奢られたブレーキのタッチが、これまた絶品だ。

S60 T8ポールスター・エンジニアード(2020年モデル:919万円)。
S60 T8ポールスター・エンジニアード(2020年モデル:919万円)。

効き始めはソフトだが、ペダルをある程度踏みつけた先の、ごく浅いストローク範囲で制動力が加減しやすく、いかにも広い面積でパッドとディスクが当たっている感触。

絶対的な減速キャパの頼もしさだけでなく、前荷重を緩めながら操舵してヨーを作るコントロールを、積極的に楽めるタイプだ。

それでいてシフトをBモードで回生ブレーキを強めると、俄然EVっぽいリニアなグリップ感とスムーズさへ、動的質感が少し変わる。

先代のS60/V60ポールスターのみならず、ポールスター1や2への橋渡しも兼ねているのではないか? そう思うと欲張りな1台だ。

超・理性的なスポーツサルーン

確かに2トン強の重量があるので、アンダーステアを誘発するような速度でコーナーに突っ込むのはためらわれる。

直接のライバルとなる1台にBMWの330eが挙がるだろうが、あちらが三徳包丁のようなしなやかな切れ味とすれば、PEはよく研いだ出刃包丁のような分厚く鋭い切れ味といえる。

黄色いシートベルトがポールスター・エンジニアードの証。
黄色いシートベルトがポールスター・エンジニアードの証。

ここまできて可変ダンパーのダイヤルと、シートベルトが同色イエローであることを突然、思い出した。

スポーツとそのギアは包丁と同じく、感覚的に操るものだが、最初から怪我やアクシデントを避けて理性的に使うのが当たり前なのだ。

試乗車 価格/スペック

S60 T8ポールスター・エンジニアード

価格:919万円
全長:4760mm
全幅:1850mm
全高:1435mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
CO2排出量:-
車両重量:2030kg
ドライブトレイン:直列4気1968ccターボ+スーパーチャージャー+前後モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力(エンジン):333ps/6000rpm
最大トルク(エンジン):43.8kg-m/4500rpm
最高出力(前モーター):46ps/2500rpm
最大トルク(前モーター):16.3kg-m/0-2500rpm
最高出力(後モーター):87ps/7000rpm
最大トルク(後モーター):24.5kg-m/0-3000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

V60 T8ツインエンジンAWDインスクリプション

価格:849万円
全長:4760mm
全幅:1850mm
全高:1435mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費:13.7km/L(WLTCモード)
CO2排出量:-
車両重量:2050kg
ドライブトレイン:直列4気1968ccターボ+スーパーチャージャー+前後モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力(エンジン):318ps/6000rpm
最大トルク(エンジン):40.8kg-m/2200-5400rpm
最高出力(前モーター):46ps/2500rpm
最大トルク(前モーター):16.3kg-m/0-2500rpm
最高出力(後モーター):87ps/7000rpm
最大トルク(後モーター):24.5kg-m/0-3000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

ポールスターのイメージカラーはかつてのシアンから、現在ではクリーンな白に変わっている。
ポールスターのイメージカラーはかつてのシアンから、現在ではクリーンな白に変わっている。

記事に関わった人々

  • 前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 南陽一浩

    Kazuhiro Nanyo

    1971年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。ネコ・パブリッシングを経てフリーに。2001年渡仏。ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学で修士号取得。2005年パリに移る。おもに自動車やファッション/旅や食/美術関連で日仏独の雑誌に寄稿。2台のルノー5と505、エグザンティア等を乗り継ぎ、2014年に帰国。愛車はC5世代のA6。AJAJ会員。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記