【欠点は1つ】スバル・インプレッサWRX(3代目) 英国版中古車購入ガイド 海外仕様は、エンジンに注意

公開 : 2020.08.12 18:15  更新 : 2020.08.13 09:55

伝説的なエンジン「EJ20」を搭載し、スバル最強のパフォーマンスカーとして名を遺すWRX。セダンからハッチバックに移行した3代目は、登場から10年以上が経過し、比較的手ごろに入手可能。英国編集部が紹介します。

もくじ

3代目WRX 手ごろなパフォーマンスカー
オーナーの意見を聞いてみる
不具合を起こしやすいポイント
知っておくべきこと
いくら払うべき?
英国で掘り出し物を発見

3代目WRX 手ごろなパフォーマンスカー

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

ラリー界の巨匠コリン・マクレー、リチャード・バーンズ、ペター・ソルベルグらの手腕によって、スバル・インプレッサWRXは、アウディ・クワトロ、ランチア・フルビア、そして長年のライバルである三菱ランサーエボリューションとWRCの殿堂入りを争う、最も競争力のあるクルマの1つとして広く知られることになった。

2007年から2014年までイギリスでも販売された3代目インプレッサWRXは、セダンよりもハッチバックの方が認知されている。

スバル・インプレッサWRX(3代目)
スバル・インプレッサWRX(3代目)

ホンダ・シビック・タイプRユーロ(FN2)やフォルクスワーゲン・ゴルフR32と競合するホットハッチだ。

日本仕様では2.0L水平対向4気筒の「EJ20」が有名だ。

英国仕様では、2.5Lの「EJ25」を搭載し、230psと32.6kg-mのトルクを4輪すべてに供給していた。

しかし、後にパワー不足の指摘を受け、2008年に発売されたプロドライブ仕様の「S」では馬力を254psに、トルクを33.6kg-mに向上させ、0-97km/h加速は4.7秒をマークした。

300ps以上のパワーを必要とするなら、STi(スバル・テクニカ・インターナショナル)仕様を探そう。

STiはすでにコレクターズカーになりつつあるので、価格は堅調に推移している。

だが、激しくクラッシュしていたり、過剰なチューニングが施された個体もある。気まぐれで買うクルマではない。

そのホイールアーチや大径アルミ、ガッツのあるターボは魅力的だが、公道で酔いしれてはいけない。

STiは四輪駆動のパフォーマンスカーであり、丁重に扱うべきモデルだ。

経験豊富なエンジニアを見つけ、良質な燃料にお金をかけよう。そうすれば、STiは必ず報いてくれる。

オーナーの意見を聞いてみる

アンドリュー・ウォン

「私のクルマはスバルの英国法人が所有していたもので、マスコミにレビューされたこともあります。その後、スバルのディーラーから購入しました」

英国仕様は2.5L 4気筒エンジンを搭載
英国仕様は2.5L 4気筒エンジンを搭載

「ハッチバックは悪いクルマではありません。ドライバーズ・コントロール・センター・ディファレンシャル(DCCD)システムはクレイジーです。大雨の中でもスリップを許さず、以前のモデルよりもはるかに優れています」

「唯一の欠点は、2.5Lエンジンです」

「ピストンはチョコレートでできているという話を聞いたことがあります。アグレッシブに運転する際は、いつ吹っ飛ぶかもしれない不安と常に闘っています」

「私の管理がうまく行き届いているのかどうかはわかりませんが、今のところ大きなトラブルもなく元気に動いています」

「2015年に9000ポンド(120万円)で手に入れましたが、今でも価値は変わっていません」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事