【いったい誰が輸入している?】2016年に日本撤退したフォード車、いまも年間500台以上売れ続けるワケ

公開 : 2020.08.29 05:50  更新 : 2020.08.29 08:43

2016年1月、フォード社が日本市場からの撤退を発表しました。3度の撤退の背景を振り返ります。また、今なお年間500台以上売れている理由を探ります。調べてみたら答えはすぐに出ました。老舗の声も入手しました。

もくじ

撤退後も全国60以上の拠点でフォロー
過去にも2度撤退 2つの理由
欧州車の新規登録台数が激減でも健闘
今もフォードの看板掲げるディーラー

撤退後も全国60以上の拠点でフォロー

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

フォード社が日本市場からの撤退を発表したのが2016年1月。業界にもオーナーにも激震が走ったが、本当に同じ年の9月に撤退してしまった。

フォード・マスタング・コンバーチブル(1984年)、マーキュリー・セーブルワゴン(1987年)、フォード・ブロンコ(1990年)、と1989年から10年間に3台のフォード車を乗り継いできた筆者にとっても、かなり衝撃的だった。

海外では5人乗りのオンロード・モデル「ブロンコ・スポーツ」が発表されたばかり。
海外では5人乗りのオンロード・モデル「ブロンコ・スポーツ」が発表されたばかり。    フォード

翌年2017年4月に上海モーターショーの取材におこなった際、フォードブースにはエクスプローラーを中心にきらびやかな新車が並び、ブースではアメリカ人パフォーマーによる華やかなショーが繰り広げられていた。

「日本からは撤退しても中国でこんなに華やかにやってるんだな」と、フォードの元気な姿を見てホッとした反面、寂しい気持ちにもなった。

撤退後、日本でのアフターフォローは2012年に日本市場から撤退したサーブと同様、ピーシーアイが担当している。

全国に60以上のサービス拠点が整備され、正規輸入されたフォード車(初度登録2016年9月末まで)に限って、アフターサービスや、純正パーツなどの供給をおこなっている。

「フォード・ロングライフサポート」の対象となるクルマも最長2021年9月末まで残っている。

また、フォードが日本を撤退する際の条件として、国交省と最低でも10年間の部品供給とリコール等の体制の維持を約束していると言われている。

当面は不安なく、乗り続けることができそうだ。

過去にも2度撤退 2つの理由

日本でのフォード車販売は三共商会(現在の三共製薬)が輸入販売を始めた1909年に始まる。

1925~40年には横浜・子安(現在のマツダR&D)にてフォード・モデルTを含む数車種の組立生産もおこなわれていた。

アメリカの自動車普及の礎となったのが、ティン・リジーの愛称でも知られるT型フォード。効率的な大量生産により1500万台以上が世に送り出された。
アメリカの自動車普及の礎となったのが、ティン・リジーの愛称でも知られるT型フォード。効率的な大量生産により1500万台以上が世に送り出された。    AUTOCAR英国編集部

今年で111年を迎える大変長い歴史となるが、この間、フォードが日本市場から撤退したのは2016年が初めてではない。

2016年の撤退で3回目となるが、1回目と2回目はそれぞれ以下の理由だ。

1回目(1941年)

第二次世界大戦の宣戦布告により日本フォード自動車会社が閉鎖。

2回目(1982年)

オイルショック以降の販売低迷により撤退(近鉄モータースを中心に北海自動車工業、カメイ、ニューエンパイアモーター、日光社、欧米モータースによるフォード輸入組合が設立され、直輸入による販売が開始された)

1982年の撤退後はフォード輸入組合6社(後に双葉オートを加えて7社)が独自輸入モデルの販売を含め、日本のフォード車を守り続けてきた※

そして3回目の撤退となった2016年以降も実は年間500台強ペースで、フォード車が新規登録されている。

台数を追ってみると、フォード車の新規登録台数(乗用車+トラック)は、2016年:2225台、2017年:551台、2018年:484台、2019年:512台、2020年(1〜7月)295台。

年間500台ペースながら安定して売れ続けており2019年はキャデラック(479台)を上回る数字となった。

関連テーマ

 

人気記事