【詳細データテスト】BMW 4シリーズ 速さも燃費も上々 アダプティブダンパーの乗り味も上々 見た目とサウンドは改善を希望

公開 : 2021.01.17 20:25

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

先にも述べたが、これまで試乗を重ねた経験からいえば、アダプティブMサスペンションは4シリーズの快適な乗り心地に不可欠だろうと思える。パッシブのMスポーツダンパーでは、低めの速度でやや荒れ気味な路面の英国の道路を走る限り、そわそわした動きや過敏なところが多少感じられた。

少なくともA級道路やB級道路を走った限り、アダプティブダンパーを備えるM440iにそうした問題は見られなかった。路面に凹凸があっても、穏やかに乗り越えてくれる。

快適性を重視するなら、アダプティブダンパーは必須だ。それでも、状況によっては乗り心地に気なるところがみられる。走りに妥協してもいいなら、これより快適なクーペは存在する。
快適性を重視するなら、アダプティブダンパーは必須だ。それでも、状況によっては乗り心地に気なるところがみられる。走りに妥協してもいいなら、これより快適なクーペは存在する。    MAX EDLESTON

この手のクルマは、より速度域が高く、移動距離も長い高速道路でこそ本領を発揮するものだが、それはM440iも例外ではない。そうはいうものの、郊外路を走る機会も多いドライバーも多いはずだ。そんな場合にも、予算が許すならサスペンションはアップグレードすることを強くおすすめする。

たとえそうしたとしても、市街地を低速で走ると、乗り心地はやや神経質なところを感じるはずだ。前後に軽く揺すられる動きがあり、もっと背の高いクルマでならヘッドトスが出ただろう。そこまでではないが、見過ごせるほど小さくもない。

19インチのランフラットタイヤを履いているわりには、音も振動もよく遮断できているが、ずば抜けていいというほどではない。洗練度を優先してクルマ選びをするなら、クーペでもこれ以上のものはある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×