マツダ ビジョン・クーペ発売見送り 流麗なスポーツモデル、SUV人気で市販化断念

公開 : 2022.05.02 19:25

2017年に発表されたマツダのビジョン・クーペは、SUV開発に専念するため市販化が望み薄となっています。

欧州幹部「今はSUVを売ることが重要」と発言

マツダは、後輪駆動の新プラットフォームと直6エンジンを、新型SUVのCX-60以降3車種に展開する予定だ。しかし、発表から5年が経過した同社のコンセプト「ビジョン・クーペ」の市販化は、ますます可能性が低くなったように思える。その理由がSUVにあることは、もはや驚くに値しないだろう。

ビジョン・クーペは、2017年の東京モーターショーで、マツダの「魂動デザイン」の旗手として公開された。「引き算の美学」というマツダの理念を体現するものである。同社はこのコンセプトを市販化すると明言したことはないが、直列6気筒エンジンを搭載する次世代のマツダ6に近いものと考えられていた。

2017年公開のビジョン・クーペは、次世代のFRクーペとして期待された。
2017年公開のビジョン・クーペは、次世代のFRクーペとして期待された。

しかし現在、マツダは新型CX-60のような、より人気の高いSUVモデルの開発に重点を移している。CX-60は後輪駆動のプラットフォームを採用したフラッグシップモデルだ。フォルクスワーゲンアルテオンメルセデス・ベンツCLAのような、スポーティな5ドア・クーペに対する期待は打ち砕かれた。

欧州マツダのヨアヒム・クンツ氏は、次のように語っている。

「SUVのトレンドは(マツダにおいても)続いており、一番売れているのです」

「FR(フロントエンジン・リアドライブ)のコンセプトと6気筒エンジンをマツダ6後継車や大型スポーツクーペに実装できれば、非常に素晴らしいことだと思います。しかし、現時点ではSUVを売ることが最も重要です」

クンツ氏の発言は、2012年に発売され、2018年に大幅な改良が行われたマツダ6の後継車の登場を疑問視させるものでもある。マツダは、今後欧州に投入する新型車として、ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーEV、MX-30と、7人乗りSUVのCX-80を確定させている。また、同じく後輪駆動プラットフォームを採用したCX-70とCX-90も発売する予定だ。

この5車種以外の詳細は不明だが、新開発の後輪駆動プラットフォームは、横置きエンジンと前輪駆動の小型モデルにも対応し、マツダ2マツダ3の後継車に採用される可能性がある。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マツダの人気画像