[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

BMWのオープン2シーター中興の祖 BMW Z3 アメリカ生まれのオープンエア

2019.11.09

100字サマリー

マツダ・ロードスターから始まった1990年代半ば勃発のライトウエイト・オープンスポーツカーブーム。その間に登場したBMW Z3にスポットを当てます。ベースとなったクルマやグレードをおさらいしましょう。

もくじ

オープンカーを育む北米市場
キーワードは北米とマツダ?
ライトウエイトから本筋への回帰

オープンカーを育む北米市場

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

オープンスポーツカーにはいつの時代も一定数の需要がある。開放的なクルマの繁栄をけん引してきたのは北米市場だった。

例えば燦さんと太陽光が降り注ぐアメリカ西海岸カリフォルニアにおいて、オープンスポーツカーはアメリカントラックと同じくらいポピュラーな乗り物なのである。

ロングノーズ・ショートデッキを地でいくZ3。4気筒モデルの車重は1270kg、6気筒モデルはこれより60kgほど重くなる。当時の広報写真の雰囲気からして北米市場を意識していたものであることがわかる。
ロングノーズ・ショートデッキを地でいくZ3。4気筒モデルの車重は1270kg、6気筒モデルはこれより60kgほど重くなる。当時の広報写真の雰囲気からして北米市場を意識していたものであることがわかる。

ヨーロッパ製のオープン2シーター・スポーツカーの多くは、今も昔もそのほとんどが北米市場に向けに作られ、彼の地で消費されていく。

だったらいっそのこと生産も北米で行えば手っ取り早い。BMWは1994年にアメリカ、サウスカロライナ州にスパータンバーグ工場を建設し、Z3を作りはじめる。

現在はSUVのXシリーズの生産拠点としても知られる新工場の建設は、SUV全盛の今になってみれば先見の明があったと言えるだろう。

北米というキーワードを踏まえてZ3を観察すると、Z3のアグレッシブなスタイリングはフォード・マスタングやシボレー・カマロの影響を受けているように思える。

だがBMWの歴史を振り返ってみれば、Z3が1950年代半ばに登場したオープン2シーターであるBMW507の遠い子孫であることが理解できるはずだ。

特にフロントタイヤのすぐ後ろ、ボディサイドのエアアウトレットにBMWのエンブレムを据えるデザイン手法は完全に507のそれを踏襲しているのである。

 
最新試乗記