屈託も忖度もナシ! 英編集部が7台を本音対談 2024年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー候補たち(1)

公開 : 2024.03.02 09:45

コスパと走りに優れるセニック E-テック

MT:「プジョーE-3008は新しすぎて、今回の比較試乗には間に合いませんでした。パリ郊外のモルトフォンテーヌで開かれた、審査員全員に対するプレゼンテーションにも。フォトショップの力で、集合写真には加わっていますが」

MS:「短時間に、この6台を揃えたのは見事ですよ。では、ルノー・セニック E-テックとEV9の比較から始めましょう。デザインは結構似ているように思います。サイズは、セニック E-テックの方がだいぶ小さいですが」

ルノー・セニック E-テック(欧州仕様)
ルノー・セニック E-テック(欧州仕様)

「始めは、ボルボEX30のスタイリングが、ベストではないかと思っていました。でも、この2台にも独自の主張があります」

「価格面では、セニック E-テックが最も高評価となるでしょう。どちらも車内空間は広く、パッケージングに優れていますが、インテリアの機能で革新性を感じるのはこちらです。内装の素材や品質、仕上げには、少し惜しい部分もありますが」

「走りもイイ。乗り心地は滑らかで流れるよう。しかも、ソフトすぎない。操縦系は軽く正確。前輪駆動だと実感する場面もありますが、公道ではかなり速いですね」

日産アリアとコンポーネントを共有しつつ、ルノーが施した動的な仕上げには感銘を受けました。アリアには、こんなに洗練された印象はありませんから」

「わたしが選ぶなら、エントリーグレードの小さなホイール。エスプリ・アルピーヌは、乗り心地が僅かに良くありません。電費効率にも影響がありそうです」

家族のように親しみやすいEV9

MT:「自分はセニック E-テックとE-3008で迷った結果、前者を欧州COTYの候補へ残しました。第一印象で、乗りやすいと感じたんです。シルバーストン周辺の一般道では、エスプリ・アルピーヌではないグレードの乗り心地も良かった」

「今回は、E-3008を直接比較できないのが残念。英国の一般道で試せず、気になる要素を確認できませんでした」

キアEV9(英国仕様)
キアEV9(英国仕様)

「EV9のドライビング体験には、良し悪しが入り交じります。ツインモーターの英国価格が8万ポンド(約1424万円)へ迫ることには、納得しにくい。でも、今回初めて運転したエントリーグレードなら、約6万5000ポンド(約1209万円)です」

「この価格なら、違和感を得にくい。内装素材やデザインの雰囲気が、その他のキアと同じだという事実にも、いい訳が不要になります。実用的で興味深い。本当にリラックスして乗れるSUVだと、理解できますね」

MS:「ほぼ同感ですね。シングルモーター版は、ツインモーター版よりエネルギー効率も若干優れるようです。車重が軽く、乗り心地も少し良い」

「パワー不足を心配しましたが、一般道では気になりませんでした。大きなファミリーSUVとして、シンプルで、家族のように親しみやすい。評価に値しますよ」

この続きは、2024年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー候補たち(2)にて。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マーク・ティショー

    Mark Tisshaw

    英国編集部ライター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

2024年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー候補たちの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事