お手頃ベストドライバーズカー選手権2018 1stステージ 決勝に進める4台は

2018.09.08

サマリー

今年もお手頃ベストドライバーズカー選手権の時期がやってきました。「お手頃」の定義を新たにした今年の選手権ですが、もちろんお馴染みのモデルも多数出場しています。AUTOCAR英国編集部お気に入りのあのクルマから、ターボ化されたあのモデルまで。是非お楽しみください。

もくじ

テスター紹介
歴代覇者、いまではさらにお手頃に
お手頃ドライバーズカー選手権再び 新たな定義
1stステージ 生存確率50%
BBR MX-5 問題はグリップ
ヤリスGRMN 狂気のモデル
アップGTI 良くも悪くもフォルクスワーゲン流
スイフト・スポーツ 先代からは成長
i30 N しなやかさが特徴
フィエスタST&ミニ・クーパーS 両極端のモデル
メガーヌR.S. 280 セカンドステージに進むのは
1stステージの投票結果

テスター紹介

マット・プライヤー 英国版AUTOCARエディター代表


英国版AUTOCARが誇る人気エディター、もっとも辛口な天の邪鬼にして最高のテスターであり、YouTubeでもっとも不人気なパーカーを着たエンスージァストをいまさら紹介する必要はないだろう。今回はノックアウト方式の1stステージを担当する。

マット・ソーンダース 英国版AUTOCARロードテスト・エディター


プランニングを行い、ラップタイムを設定し、リンカンシャー北東部で最高のディナーの支払いを行った。カレーソースがもっとマイルドで、ブリトンのコーナーがもう少し小さければ最高だった。

リチャード・レーン 英国版AUTOCARロードテスター


もっともフレッシュなロードテスターが、あたかも当然のごとくお手頃ドライバーズカー選手権にデビューした。以前のロードテストではウラカン・ペルフォルマンテに戸惑い、今回、2回目の投票での合計点数が10点を越え、数学は決して得意でないことを証明してみせた。

ダン・プロッサー 英国版AUTOCAR協力ライター


妙な髪形をしているが、つねにシューマッハーの如き集中力を見せる、信頼すべきフリーランスの協力ライター。ブリトンの食堂では、フリーランスでなければパンケーキやチップス、アイスクリームを食べる資格はないと主張した。決勝戦たるセカンドステージを担当。

マット・バード スペシャルゲストテスター


Pistonheadsの「多忙な」ニュースエディターだが、今年は時間をなんとかやりくりしてテストに参加してくれた。参加車両に対する非公式の軽妙な見解はみんなを楽しませ、その物おじしない性格でリンカンシャーのローカルと良好な関係を築いた。

 
最新試乗記

人気記事