シトロエン・アミ 詳細データテスト 思ったより楽しいハンドリング 想定より短い航続距離 うるさい

公開 : 2023.01.21 20:25  更新 : 2023.01.24 15:39

シトロエンの超小型モビリティに、普通車のような動力性能や快適性は期待していません。それを差し引いても力強さはなく、騒音は大きく、そして意外なほどバッテリーのもちが悪いので、短距離での利用に限定したいところです。

はじめに

自動車の世界が、トラディッショナルな大メーカーがトラディッショナルな大型車を作るという古い規範と決別しようとしているので、一か八かでモビリティ分野に参入する新参メーカーを目にする機会が増えてきた。

振り返れば、シンクレアC5やBMW C1スクーター、レヴァGウィズやルノー・トゥイージーなどがあったが、それらの共通点は、今では英国に導入されていないこと、さらにそれらを取り扱ったメーカーもインポーターも、その後は同様のモデルを提供していないことだ。

テスト車:シトロエン・アミ・カラー
テスト車:シトロエン・アミ・カラー    MAX EDLESTON

つまり、今回取り上げるシトロエン・アミに、今のところめぼしいライバルは見つからない。その出発点は2019年のジュネーブショーでアミ・ワンとして公開されたコンセプトモデルで、自走で舞台に現れた。

四角いボディと、サイズのわりに大きいタイヤを備え、ロンドン交通局のデザインブックから抜け出してきたようなインテリアは、ライトグレーのブロックのようなマテリアルに、ブルーやオレンジ、グレーのハイライトが入っている。

大メーカーのコンセプトカーがどれもそうであるように、仕上げは上々で、ベーシックでありながら、コンクリート打ちっぱなしのバーのようなラグジュアリーさがある。

ところが、商品版はそうはいかない。ドアは左右とも同じパーツを使って互い違いに開き、前後のパネルも同じもの。これはコストダウンが目的だ。また、立ち気味のウインドウは、良好な視界をもたらす。

このクルマのターゲットは、新たにクルマを手にする若年層だ。それだけに、自動車というよりはミニカーとして設計され、コンパクトカーに関する法規からは自由になれる。英国は別だが、EUの多くの地域では、14歳から運転できる。いよいよ英国でも販売されたこのミニカーがいかなるものか、吟味していこう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像