2018年に世界で登場するクルマ 上半期編

公開 : 2018.01.22 18:40  更新 : 2018.01.22 18:43

年も明け、気になるのは今年の新車スケジュール。AUTOCARが注目するモデルの数々を、月ごとに分けて紹介します。※なお、登場月などは英国市場を基準にした、編集部の予想であることをご了承ください。

AUTOCAR JAPAN上以外の外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「この記事をスライドショー形式でみる」から、画像と文が一致した形式でお楽しみいただけます。

1月 その1

フォルクスワーゲン・ポロ

新規プラットフォームを採用する6代目ポロは、より大きく、広く、走りがよくなり、内装のクオリティも過去最高レベルとなる。

ヴォグゾール・グランドランドX

ヴォグゾールは、プジョー3008のメカニズムやインテリアのテクノロジーを活用した2万2000ポンド(339万円)台の新型車で、日産キャシュカイの牙城に挑む。いささか面白味に欠けるクルマではあるが。

セアト・アロナ

イビーザがベースのクロスオーバーは、1万6000ポンド(246万円)台の価格帯でルノー・キャプチャーに挑む。登場時は1.0ℓと1.5ℓのTSIガソリンターボをラインナップする。

セアト・レオン・クプラR

レオン・クプラの最強モデルは3万5000ポンド(539万円)ほどで販売される。2.0ℓ直4ターボは310psを発揮し、モード切り替え式ダンパーとフロントの電子制御デフ、よりシャープなステアリングを備える。

プジョー5008

MPVからSUVへ鞍替えするモデルは多いが、5008はバーサタイル性を持ち続けている。走りもいい。プラットフォームは、弟分の現行3008と共通だ。

ジャガーE-PACE

急速に成長するコンパクトSUVクラスだが、これからの参入はやや出遅れの感もある。プレミアムブランドではアウディQ3やBMW X1がすでに足場を固めているが、それでもE-PACEはそれらの魅力的なオルタナティブになりうるだろう。