ドライバーズカー選手権2018(4) フェラーリ488ピスタ vs マクラーレン600LT

公開 : 2018.11.25 10:10

恒例となった、今年ベストのクルマを決める通称ハンドリングデイ。話題を呼んだ珠玉の10台の中から、2018年の英国ベスト・ドライバーズカーに選出されるのはどのモデルでしょうか。最後に残ったフェラーリ488ピスタとマクラーレン600LT。優勝をもぎ取るのはどちらでしょうか。

もくじ

わかりやすいフェラーリの速さ
アングルシー・サーキットの王者
250点満点中、わずか2点差の勝利
番外編:アングルシー・サーキットでの最高速

わかりやすいフェラーリの速さ

2018年ベスト・ドライバーズカー・コンペティションの最終候補に残った2台。フェラーリ488ピスタとマクラーレン600LTで、より奥深さがあり、長期に渡って刺激を楽しめ、満足感の高いクルマはどちらか。それを決めるにはかなりの議論を要した。サーキット走行の印象では、どちらかといえばフェラーリの方が優勢だった。また、受賞を逃してしまったアルピーヌは、トップ3から外れるのではないかとも思われた。

しかし、フランス生まれのミドシップ・スポーツカーの、一般道での持つ卓越したバランスと、爽快で機敏なハンドリングの素晴らしさの印象が勝った。反面、アルピーヌA110は、ESCをオフにし、ある領域を超えたペースでサーキットを走らせるには、チャレンジングなクルマだった。常にアンダーパワーでありながら、コーナー出口でスロットルを開けると、テールはすぐに暴れたがる。

アングルシー・サーキットのタイトコーナーをドリフトするには、今回のノミネート車両の中で最も安定した挙動を示した。反面、流れるような高速コーナリングは諦め、満面な笑顔でカウンターを当てるしかない、ということでもある。

話が逸れたが、488と600LTはいうまでもなく、より真剣にサーキットを走り込めるものの、相当に異なる性格付けがなされている。どちらかというと、フェラーリのほうがわかりやすい。シャシーは極めてダイレクトなステアリングを受け止め、望み通りに走れる。スピードもラインも、自在だ。

関連テーマ

 
最新試乗記