DS 4 詳細データテスト 快適性は狙い通り ATの制御とブレーキペダルに難あり PHEVは高い

公開 : 2022.07.09 20:25  更新 : 2022.08.23 00:33

内装 ★★★★★★★☆☆☆

DS 4のインテリアは、このクルマのハイライトだと思うユーザーが多いだろうが、見た目重視で、安っぽさも感じさせるディテールにしらけてしまうユーザーもいるだろうことは間違いないだろう。

昨今のDSは、ダイヤモンドをトレードマークとしている。グリルやテールライトなどのモチーフとなっているそれは、インテリアにも広く用いられている。デザイナーはルックス重視で、そのことがDSの全モデルのスタイルを独自性のあるものにしている。

素材は、このクラスとしてはかなり上質。色調はダーク系ばかりだが、デザインにはおもしろみがある。残念なのは、居住スペースがライバルたちに見劣りすることだ。
素材は、このクラスとしてはかなり上質。色調はダーク系ばかりだが、デザインにはおもしろみがある。残念なのは、居住スペースがライバルたちに見劣りすることだ。    JOHN BRADSHAW

また、ありがたいことにコストをケチって、目を引くデザインをつまらないものにするようなことはしていない。マテリアルは全体的に心地いい手触り。たしかに、ウインドウのスイッチはプラスティックだとわかるが、1700万円もするクルマとは違うのだから、そこは目をつぶろう。

もし、アルカンターラを多用したパフォーマンスライン・プラスがお好みでないなら、ほかの仕様を選べばいい。そうすれば、レザーに包まれたインテリアが手に入る。

ただし、明るい色調の内装が好みなら、お気に召さないだろう。ほとんどが黒とグレーで占められ、唯一の例外もリヴォリ仕様のダークブラウンだからだ。

おそらく、テスト車が初期生産ロットだったからだろうが、インテリアのほとんどの部分にソリッドで安心感があるものの、ひとつふたつ問題が見られた。運転席のヘッドレストはかなりぐらついていて、フットウェルにはトリムのがたつく部分があった。また、スタート/ストップボタンは、かなり強く押さないと反応しなかった。

7.0インチのデジタルメーターと10.0インチのセンター画面は全車標準装備で、テスト車のような上位グレードでは、フロントウインドウへ綺麗に投影されるヘッドアップディスプレイも備わる。それらはすべて、好みに合わせて調整可能。メーターとヘッドアップディスプレイのレイアウトは、コラムレバーで順々に切り替えられる。

スペース的には、クラストップにはほど遠い。とくに後席については、レッグルームが660mmしかない。メルセデスAクラスなら720mm、セアト・レオンは700mm、クプラ・フォーメンターに至っては760mmあるのだ。

それを多少は挽回するのが荷室だ。ハイブリッドで390〜1190L、ICEで430〜1240Lという容量は、A250eの310〜1120LやアウディA3PHEV仕様の280〜1100Lを上回る。そうはいっても、フックや分割ボード、充電ケーブル専用の収納スペースといった便利な工夫が見られないのは残念だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジョン・ブラッドショー

    John Bradshaw

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

DSの人気画像