ボルボV60 詳細データテスト 動力性能もEV航続距離も向上 万人受けの運動性 積載性はほどほど

公開 : 2022.10.01 20:25  更新 : 2022.10.04 07:29

最新PHEVシステムを得たV60は、ボルボのワゴンとしては積載性が物足りないものの、動力性能も電力走行距離もアップ。乗り心地は快適で、運転しやすく、運動性能もそこそこ。ファミリーカーとしてはかなりの満足度です。

はじめに

2022年現在、ボルボの新車販売は10台に3台がリチャージモデルだ。ここ数年で、ボルボはフル電動モデルに力を入れてきた。しかし、PHEVの歴史は10年を超える。そして、十分に商業的な進歩を重ね、PHEVの販売台数はEVの3~4倍に達している。

間違いなく明らかなのは、イエーテボリのパワートレイン戦力においてガソリンハイブリッドが、いまもって重要なパートを占めると考えられていることだ。今回のロードテストで取り上げるクルマは、それを証明している。

テスト車:ボルボV60 T6リチャージ Rデザイン AWD
テスト車:ボルボV60 T6リチャージ Rデザイン AWD    LUC LACEY

ボルボV60のT6リチャージは、60系と90系の幅広いファミリーのなかでは、大幅に改良されたハイブリッドシステムを与えられたモデルだ。重要なコンポーネンツはどれも、これまで通りのパッケージだが、駆動用バッテリーのキャパシティと、電気モーターの出力は大幅に向上した。これについては、あとで詳しく説明しよう。

これによって、V60のPHEVはフルチャージで80km以上の電力走行ができるようになった。WLTPモードでは、先代に当たるモデルに対して60%近いアップだ。それでいて、価格は性能に劣る先代モデルとたいして変わらない。

電動パワートレインのテクノロジーの急速な熟成がもたらした衝撃を、スペック上でこれほど感じられるものはない。しかし、燃費やドライバビリティ、パフォーマンスや使い勝手、そして全般にわたるボルボにつきものの円熟味や快適性も、実際に走らせて感じる衝撃はどれほど大きいのか。確かめてみようではないか。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 撮影

    リュク・レーシー

    Luc Lacey

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ボルボの人気画像