ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり

公開 : 2024.05.18 20:25

使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆

インフォテインメント

メーターのディスプレイは全モデル同じサイズかと思いきや、エントリーグレードは7.0インチ、中間グレードのアルティチュードと最上位のサミットは10.25インチと差がついている。ステアリングホイールのボタンを使ってナビや燃費情報、メディア画面を切り替えできる機能の有無も、大きな違いだ。

まずまず鮮明なグラフィックのタッチ式センターディスプレイは、フィアット500からマセラティMC20まで、ステランティス製のさまざまなモデルに採用されるシステム。高い位置に設置されるが視界を邪魔せず、Apple CarPlayとAndroid Autoとの連携は上々。これも毎度のことだが、空調やADASの操作もここで行う。

センターディスプレイは、ステランティスの多くのモデルに見られるアイテム。メーター画面は、グレードによりサイズと機能に差がある。
センターディスプレイは、ステランティスの多くのモデルに見られるアイテム。メーター画面は、グレードによりサイズと機能に差がある。

USBポートは前席側に2口、後席側に1口。6スピーカーのサウンドシステムには、あまり期待しないほうがいい。

燈火類

ヘッドライトはフルLED。ルックスはシャープで、ビームはクリアだが、とくに遠くまで照射できるわけではない。

ステアリングとペダル

ドライビングポジションはアップライトだが快適で、このクルマのキャラクターに合ったもの。ペダル配置については、とくに不満はない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ジープの人気画像