クリスマス・プレゼントで欲しい1台 AUTOCAR英編集部が選ぶ

公開 : 2018.12.22 07:40

クリスマスを前にAUTOCARテスター陣が膝を突きあわせ、それぞれの今年いちばんのお気に入りについて意見を交わします。様々な車両が登場しますが、やはりアルピーヌA110に注目が集まっているようです。

もくじ

未来を見せてくれたIペース
現在世界最高のEV
目的に見合ったクルマ
確立された技術の融合
ディフェンダーベースのレースカー
公道で光るエキシージ
アリエルとアルピーヌの台頭
超刺激的なアトム4

未来を見せてくれたIペース

マット・プライヤー(MP)「きょう集まってもらったのはほかでもなく、みんなの今年のイチ押しについて話しあいたい。わたしはつま先が霜焼けになりそうなアリエル・アトム4で来たけど、アルピーヌA110やフォード・フィエスタST、ロータス・エキシージの派生版もいるね。それと、あれはディフェンダーかい、ソーンダース? まあ、まずはスティーブ・クロプリー編集長から、ジャガーIペースを推すわけを教えてもらおうかな」

スティーブ・クロプリー(SC)「理由はたくさんあるよ。未来そのものだし、送りだした勇気も大したものだ。EVの運転は大好きで電動オートバイにも乗って何年かたつけど、Iペースはパワートレインの精確な感じも含めてすべて気に入っているよ。内装もジャガーらしい特別感があるね。ばかばかしいのは承知だけど、今日ここまで乗ってくる途中、何だか趣味の飛行機を飛ばしているような気分になったんだ。準備は大変だけど、それも楽しみのひとつだからね」

アンドリュー・フランケル(AF)「本当に大きな1歩だよね。これまで乗ってきたEVのなかでも、Iペースは電動ということ以外に、何がどんなふうにできるかという点でも立派に売りがある。乗って楽しいから買うというクルマになってるね」

マット・ソーンダース(MS)「ほかのEVほど大きな妥協を強いられることもない。ひたすら操縦性重視でつくられた印象だね。よくできたクルマだよ」

(SC)「パッケージングもじつに見事だしね」

ダン・プロッサー(DP)「実際の航続距離はどうだい?」

(SC)「まあ340-350kmくらいかな」

(AF)「冬場でヒーターとライトをつけても?」