【詳細データテスト】BMW 5シリーズ 高い完成度 動力性能と燃費を高次元で両立 個性は不足気味

公開 : 2021.10.30 20:25  更新 : 2021.11.05 02:40

BMWご自慢の直6をベースにした5シリーズのPHEVは、ミュンヘンの電動化戦略の切り札かと期待の一台。たしかによくできたクルマです。しかし、それは直4PHEVの強化版に過ぎず、独自の個性は主張できませんでした。

はじめに

すでにそうなっていてもおかしくないが、そうでなくても、BMWグループがいつ100万台目のプラグインハイブリッド(PHEV)を売っても不思議ではない。

彼らは2020年8月に、5シリーズのラインナップへ新たにPHEVを3モデル設定した時から、この台数の壁を破ることを想定していた。そのため、売れ筋の530eにはセダンとツーリングが設定され、後輪駆動か四輪駆動かも選べるようになった。

テスト車:BMW 545e Mスポーツ
テスト車:BMW 545e Mスポーツ    LUC LACEY

さらに、電動化サルーンへの興味をさらにもう少し高める要素になりそうなのが、今回取り上げる6気筒ハイブリッドの545eだ。BMWは10年前に、5シリーズ初のハイブリッドモデルであるF10世代のアクティブハイブリッド5を投入した。それ以来、思い描いてきた状況が、この545e投入をもって完成した。

アクティブハイブリッド5は、直6ガソリンターボに電気モーターを組み合わせたが、この2011年に使用したモーターの出力は、545eのそれに対して半分ほど。バッテリーの物理的な大きさは似たようなものだが、引き出せる電力は0.675kWhと微々たるものだった。EV走行が可能な距離は、ほんの4kmにすぎない。

アクティブハイブリッド5は実験的なモデルで、販売面では苦戦したこともあり、次の世代で本格的に販売されたPHEVの530eと330eは4気筒ベースとなった。

しかしここにきて、BMWはふたたびシルキーシックスにリッチなトルクを持つ駆動用モーターを組み合わせた。よりエネルギッシュで、ダイナミックで、商品力も強い電動化5シリーズの登場だ。これはプラグイン・スポーツサルーン普及の後押しとなりうるモデルなのだろうか。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW 5シリーズの人気画像