メルセデス・ベンツW115

われわれが発見したとき、この1970年代生まれのメルセデス・ベンツW115は少なくともこのクルマが収納されていたガレージ付きの家と同じくらい放置されていたに違いない。

錆の危険個所に適当に塗られた防錆塗料は、最後のオーナーがこのクルマを可能な限り走行可能な状態にしておくため、出来る限りのことをやってみたことを示している。


現役を退いたあとは、他のW115のための部品取り車となった。このクルマを撮影したのはフランス中部であり、4年後、このクルマはどこかへ行ってしまっていたが、裏の家は美しく生まれ変わっていた。

2018年現在、4ドアのW115はもっとも安価なクラシックモデルとして、それなりのコンディションの個体であれば英国では5000ポンド(70万円)、米国でも5000ドル(55万円)から手に入れることができる。直列6気筒エンジンを積んだW114の場合、その価格はやや上になる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×