シボレー・アドバンス・デザイン

1947年、シボレーからピックアップモデルのアドバンス・デザイン・シリーズが登場している。このクルマは、第2次世界大戦後、シボレーが初めてゼロから改めて設計を行ったピックアップだった。


70年以上経った現在では、非常に多くのアドバンス・デザインが米国中の空き地や納屋に放置され、年信なファンによって、新たな人生がもたらされるのを待っている。この写真は南カリフォルニアで撮影されている。

レストアのベース車両ではあれば1万ドル(110万円)以下で手に入れることが可能であり、走行可能な車両の場合でも、2万ドル(220万円)といったところだが、完ぺきなレストアをほどこされた個体は時に4万ドル(440万円)にも達する。

英国で正規販売されることはなかったが、輸入された車両を約2万ポンド(281万円)あたりから入手可能だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事