ルノー・メガーヌE−テック・エレクトリック 詳細データテスト 乗り心地上々 ステアリングに難あり

公開 : 2022.12.03 20:25  更新 : 2023.01.04 23:46

メガーヌの名を受け継ぐ新型EVを、ルノーはスポーティに仕立てたかった模様。しかし、クイックながら軽いステアリングはシャシー性能を生かし切れません。乗り心地は優秀ですが、総合的にはクラストップに届きませんでした。

はじめに

電動化は、主軸モデルにも大きな変化をもたらした。そうなると、これまでの主軸となっていたモデルの車名はどうなるのか。

スタンダードな形をしたEVといえば、フォルクスワーゲンならID.3BMWはi4、メルセデス・ベンツEQEと、EV専用のブランディングがされている。では、ゴルフや3シリーズ、Eクラスなどはどこへ行くことになるのだろうか。

テスト車:ルノー・メガーヌE-テック・エレクトリック・テクノ
テスト車:ルノーメガーヌE-テック・エレクトリック・テクノ    MAX EDLESTON

プジョーヴォグゾールは、308とアストラのEVバージョンを、ガソリンやディーゼル、ハイブリッドと並べてラインナップしている。対してルノーは、メガーヌの名を使い続けてはいるが、これまでのようなCセグメント・ハッチバックの典型とはかけ離れ、ほかに類を見ないようなボディタイプと、従来とはまったく違うメカニズムを用いている。

新型メガーヌE-テック・エレクトリックは、その名が示唆するとおり、EV専用モデルだ。新たなパワートレインの方向性を指し示すものであると同時に、ルノーの新たなデザイン言語を提示し、さらにはこのブランドの因習的な弱点のひとつである技術的な古さを払拭する狙いも課されている。

かなり野心的だが、大メーカーが高いゴールを設定し、よりよい結果を得る例はこれまでにもあったことだ。フォルクスワーゲンIDも、順風満帆の船出ではなかった。

その点、ルノーはメガーヌEVの熟成に十分な時間をかけた。完成度を高めたプロトタイプを試乗したのは2021年のことだったが、この1年でわれわれはクプラ・ボーンやキア・ニロEV、MG 4といったEVの登場を見てきた。できのいいEVはどれも、それぞれの道を歩んできている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ルノー メガーヌの人気画像